>>プロフィールはこちら

筋トレシューズに必要な条件とランニングシューズがダメな理由【実体験】

筋トレシューズに必要な条件とランニングシューズがダメな理由【実体験】




筋トレ初心者

筋トレするときってどんなシューズが良いの?

なんでランニングシューズがダメなの?

こういった疑問にお答えします。
どうも、セツゴリです。

1番気になる結論いきます。

✔筋トレシューズに必要な条件

・足のホールド感
・靴底がフラットorかかとが高い

本記事は筋トレ初心者向けの内容です。

ジムで筋トレするときって何履いていいかわからないですよね。
ランニングシューズとか履いてませんか???

セツゴリ

私は筋トレ初心者の頃ランニングシューズを履いていました、、、

筋トレ歴3年。
いろいろなシューズを試してきた私の経験をもとに、筋トレするときに履くべきシューズの条件を解説していきます。

✔筆者のシューズ使用歴

筋トレシューズの注意点

筋トレシューズの注意点
✔注意点

・筋トレ中にランニングシューズは✖
【理由】
・クッション性が高いと踏ん張る時に不安定
(高重量を扱うには足元の安定は必須 )

ランニングシューズがダメな理由は靴底のクッション性です。

BIG3を含むほとんどのトレーニングに必要なのが下半身の安定です。
下半身が安定しないと、下半身の力をうまく使えません。

逆に下半身の力をうまく使えると、今より扱える重量が上がるのは確実です。

靴底にクッション性があると足元が安定しないので、下半身の力をうまく使えないのです。

なので筋トレするときにランニングシューズは履くべきではありません。
(靴底にクッション性があるシューズ)

補足:BIG3とは
・ベンチプレス
・デットリフト
・スクワット

筋トレシューズに必要な条件

筋トレシューズに必要な条件
✔筋トレシューズに必要な条件

・足のホールド感
・靴底がフラットorかかとが高い

全てに共通するのは足の安定感です

では、順に見てきましょう。

足のホールド感

足がしっかり固定されているか。

足のホールド感が弱いと足元が安定しません、、、

ホールド感が強いシューズの特徴↓

・靴紐+面ファスナーストラップ
・足首までのハイカット

アディダスPowerlift4
靴紐+面ファスナーストラップ
ハイカット

靴底がフラットorかかとが高い

「筋トレに向いているシューズは靴底がフラット」

と一般的には言われています。
半分正解で半分間違いです。

足首が固い人はかかと部分が高いシューズが良いです。
写真を見てください。

かかと

かかと部分が高い分、足首が固くても深くしゃがめます。(スクワットの時)

デットリフトのときもスタートポジションがラクになったり、ベンチプレスでもより頭側に足を置きやすくなります。

セツゴリ

私自身、はじめは靴底がフラットなシューズを履いていました。

しかし、スクワットのときに足首が痛い、デットリフトのスタートポジションがツラいのでかかと部分が高いシューズに変えました、、、

はじめからかかと部分が高いシューズを買えば良かったと後悔してます、、、

関連記事:【アディダスPowerlift4】レビュー:足首が固い人必見

足首が柔らかい人は靴底がフラットなシューズを選びましょう。

関連記事:【レビュー】筋トレシューズはコンバース!高重量挙げたい方必見

筋トレシューズに必要な条件:まとめ

まとめ
✔まとめ

・ランニングシューズは✖
・足首のホールド感が重要
・靴底がフラットorかかと部分が高いは人による。

正直、ランニングシューズ以外なら問題ないです。
あとは自分に合ったシューズを選ぶことが大切です。

筋トレ初心者

筋トレシューズの必要な条件はわかったから、オススメシューズを知りたい

という方向けは次の記事をどうぞ↓

関連記事:筋トレシューズおすすめランキング3選【2020最新】【実体験あり】




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です