教員から転職して後悔する人は少ない【教員から転職した私が解説します】

教員から転職して後悔する人は少ない【教員から転職した私が解説します】
教員
教員から転職して後悔してる?どういう人が後悔して、どういう人が後悔しないの?
セツゴリ
教員から転職した私が、実体験を基に解説していきます。
現在はwebライター、マーケター、ディレクターとして幅広く活動しています。
本記事の内容
  • 教員から転職して後悔したか【実体験】
  • 教員から転職して後悔しないパターン
  • 教員から転職して後悔するパターン

転職して後悔しないために1番大切なことは、転職エージェントに自分の希望を伝えること。

※ホワイト企業に転職できれば後悔しない。

教員向け転職エージェント/サイト3社
  1. リクルートエージェント公式
  2. →転職実績、文句なしのNO.1

  3. リクナビNEXT公式
  4. →企業からオファー機能アリ

  5. マイナビ20’s公式
  6. →20代転職に特化

転職エージェントを使うデメリットは、登録に3分ほどかかることですね。無料なので、求人を見て辞めるか判断するのもアリ。
>>教員向け転職エージェント/サイト厳選3社

教員から転職して後悔したのか:実体験

教員から転職して後悔したのか:実体験

結論からいきます。教員から転職して後悔はないが、教員の方がラクな面もある。

セツゴリ
教員から最終的にフリーランスになった私の実体験を基に解説していきます。
※フリーランスになる人は少ないのですが。
教員のラクな面
  • クビはない
  • 成果を求められない
  • 給料は勝手に上がっていく

仕事ができなくても給料は上がるしクビもない。そう意味では教員はラクです。

とはいえ、教員はブラックすぎるので転職して後悔はしてません。

セツゴリ
フリーランスは教師の何倍も稼げる可能性がある反面、実力がないと最悪収入がゼロです。

私はフリーランスの生活に後悔はないですが、個人的にはフリーランスはオススメできません。

旅するように暮らしたかったので、フリーランスを選びました。

教員から転職して後悔しないパターン

教員から転職して後悔しないパターン

教員から転職して後悔しないパターン
  • プライベート
  • ストレス
  • 将来
では、順に見ていきましょう。

転職して後悔しないパターン①プライベート

プライベートを重視するために、教員から転職した人は後悔していない。

仕事より家族や子どもと過ごす時間が大切だから。

セツゴリ
このパターンは婚約者に多いです。20代後半ですね。
教員
家に帰ったら、子どもが寝ている。子どもと遊べるのは週末のみ。辛すぎ。
子どもとの時間を作るために、教員から転職した場合後悔してる人はいないですね。

転職して後悔しないパターン②ストレス

ストレスが限界だった人は、教員から転職しても後悔していない。

精神的に病むくらいのストレスから解消されて後悔はないから。

セツゴリ
新任からベテランまで幅広いです。教員のストレスに年代は関係ない。
会社員の2,5倍うつ病になる教員は多いです。
セツゴリ
ストレスが半端じゃない教員を後30年続けるのはマジで無理。
ストレスがかかり続ける未来を想像すると、教員から転職して後悔はしないですね。

教員から転職して後悔する3つのパターン

教員から転職して後悔する3つのパターン
教員から転職して後悔する人は稀にいます。

教員から転職して後悔する3つのパターン
  • 仕事に対してやる気がない
  • 子どもが死ぬほど好き
  • 転職活動やる気なし
では順に見ていきましょう。

仕事に対してやる気がない

会社員はやる気がないと昇進できず、給料もあまり上がりません。

結果として教員から転職して後悔するパターン。

セツゴリ
教員はやる気がなくても、なんとかなりますからね。とはいえ激務ですが。
成果が求められる会社員とやる気がなくても大丈夫な教員とのギャップに後悔するパターンです。

子どもが死ぬほど好き

子どもが好きで、教員生活が恋しくなるパターン。

会社に勤めていると、子どもと接する機会がないですからね。ごくまれに教員に戻る人もいます。

セツゴリ
教員に戻ったとしても、会社員を経験することで人として成長できます。教員としてもレベルUP。
なんとなく教員を続けるなら、一回辞めて会社員を経験するのもアリです。講師なら尚更。

転職活動やる気なし

転職活動で手を抜き、ブラック企業に入社して後悔するパターン。

※教員から転職して後悔する理由、1位
教員がブラックやから転職したのに、転職先がブラック企業なら後悔するのは当たり前。

転職活動で後悔するパターン
  • ハローワークで転職活動
  • 転職活動をはじめるのが遅い
言い方悪いですが、ハローワークは大卒が転職活動で使う場所ではないです。(行ったらわかりますが、おっさんが多い。)
セツゴリ
ハローワークで友人がブラック企業に入ってしまいましたね。(2人)

転職活動をはじめるのが遅いパターン

このパターンは本当に多いです。

具体的には
  • 教員辞める直前に転職活動
  • 教員辞めてから転職活動
これでは遅すぎます。ブラック企業まっしぐら。
教員
仕事が忙しくて転職活動できないんやけど。

教員から転職して後悔しないためには

教員から転職して後悔しないためには

教員から転職して後悔しないためには
  • 忙しい教員は転職エージェント一択
  • 最低でも3か月前から利用すれば内定余裕
※私は10月から行動はじめて、12月には内定GET。
詳しく知りたい方はこちらからどうぞ。
>>教員向け転職エージェント/サイト厳選3社
セツゴリ
結論だけ知りたい方は下記の転職エージェントを参考にしてください。
教員向け転職エージェント/サイト3社
  1. リクルートエージェント公式
  2. →転職実績、文句なしのNO.1

  3. リクナビNEXT公式
  4. →企業からオファー機能アリ

  5. マイナビ20’s公式
  6. →20代転職に特化

転職エージェントを使うデメリットは、登録に3分ほどかかることですね。無料なので、求人を見て辞めるか判断するのもアリ。

教員の転職と後悔について:まとめ

教員の転職と後悔について:まとめ

まとめ
  • 転職して後悔しない人が大半
  • 転職して後悔する人は稀にいる
  • 後悔したくない人は転職エージェント
セツゴリ
教員辞めて後悔どころか、幸せなのが本音です。詳しくは下記記事で解説しています。
>>教員辞めたら幸せな5つの理由【教員辞めてよかった。後悔はない】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です