>>プロフィールはこちら

教員を辞めて幸せな5つの理由【教員を辞めてよかった体験談】

【報告】教員を辞めた私の幸せな生活【教員からリモートワークへ】




教員を辞めたい人

教員辞めた後の生活を知りたい。

教員辞めたら幸せなの?教員辞めてよかったの?

こんな悩みを解消します。
どうも、セツゴリです。

本記事の内容

・教員を辞めて幸せな5つの理由
・教員を辞めて幸せだが不満もある
・教員を辞めて幸せな生活を手に入れるには

セツゴリ

私は教員を退職し、現在はライター業とブロガーでリモートワークをしています。

結論、ノーストレス&自分の時間があるので幸せ

教員向け転職エージェント/サイト3選

1、リクルートエージェント
→転職実績NO.1

2、マイナビジョブ20’s
→20代転職に特化

3、リクナビNEXT
→スカウト機能あり

完全無料なので求人を見るだけもアリ。

転職エージェントを使うデメリットは、登録に3分ほどかかることですね。

とはいえ、登録にかかる3分で内定獲得のチャンスが増えるわけですが。

>>教員向け転職エージェント・サイト厳選3社

教員を辞めて幸せな5つの理由

【報告】教員を辞めた私の幸せな生活【教員からリモートワークへ】
セツゴリ

リモートワークとは在宅ワークのことです。

私はwebライターなのでパソコン1つで仕事をして、記事を納品します。

・朝の時間を効率的に
・休憩時間が十分ある
・大切な人と過ごす時間
・教員よりストレス激減
・実力が給料に反映する

では、順に見てきましょう。

朝はゆっくり

教員を辞めて幸せな理由、朝の時間を効率的に過ごせる。

私はリモートワークで少数派ですが、一般企業なら9時から仕事。

教員辞めたら朝がゆっくりできるのは、間違いないですね。

教員会社員
起床時間6:007:00
出勤6:308:00
仕事開始7:009:00
午前中の仕事マルチタスクでハード大切な仕事から効率良く
※既婚者ならお子様の送迎も可能です

私はリモートワークなので出勤する必要がありません。出勤準備も必要ありません。

最高です。

教員

朝なんてバタバタ。というか仕事開始は7時って以上よな。

セツゴリ

教員時代は出勤準備、通勤に無駄なエネルギーを使っていました。

人間は寝起きが1番脳が冴えています。

無駄なエネルギーを使うことなく冴えた頭で1番大切なライティングの仕事をします。

これからの時代はリモートワークできる仕事がオススメです。
※エンジニアやライター

はっきり言って通勤時間は無駄です。朝の無駄な時間が省略できます。

朝がゆっくりできない教員が異常なだけかもしれませんw

教員を辞めて幸せなこと1つ目は、朝がゆっくりできる。

休憩時間がある

教員を辞めて幸せな理由、適度な休憩ができる。

一般企業の場合でも、お昼休みは1時間近くあります。片手間に仕事しながら食事する必要もありません。

教員会社員
リモートワーク
休み時間ギリギリトイレに行ける適度な休憩
お昼休み5分で食べる30分~1時間
放課後人の仕事からそもそも自分の仕事のみ
教員

休み時間といっても、教員にとっては休みじゃないし。

セツゴリ

休憩なしは疲労が溜まるので仕事の効率が落ちます。

お昼ご飯を焦らず食べれるようになったのは嬉しいですね。

教員辞めて幸せな理由は2つ目、休憩時間がある。

休憩時間がほとんどない、教員がおかしいだけかも知れませんw

大切な人と過ごす時間

教員を辞めて幸せな理由、大切な人と過ごす時間増える。

朝は7時には出勤し、帰宅するのは21時。

もちろん、子どもは寝ている。休日は疲れて寝る。これじゃあ、大切な人と過ごす時間は増えません。

セツゴリ

私は結婚していないので、友人や恋人との時間が増えて幸せです。

お子様がいらっしゃる家庭だと、大切な人と過ごせる時間が増えるのは最高ですよね。

教員を辞めたら幸せというのは、教員だけでなく恋人・家族もですね。

実際、恋人に「教員の頃より元気」と言われてますw(教員の頃、そんなに疲れてたんや)

教員を辞めて幸せな理由3つ目、大切な人と過ごす時間が増える。

教員よりストレス激減

教員を辞めて幸せな理由、ストレス激減。

・教員同士の人間関係
・保護者との人間関係
・生徒との人間関係
・残業代なし
・残業多い

全てのストレスから解放です。もちろん、会社員やフリーランスもストレスはあります。

とはいえ、教員より全然まし。

なぜなら、教員は会社員の2,5倍「うつ病」になる割合が高いから。教員の異常な労働環境が伺えます。

教員会社員
フリーランス
ストレスストレスフルストレス激減
仕事終わり体力ゼロ副業が可能

教員時代は帰宅後は夕飯食べて寝るだけでしたが、今は副業の時間にあてています。

セツゴリ

リモートワークだと教員時代に比べると全く疲れません(笑)

余裕で副業する時間が取れています。

教員を辞めて幸せな理由4つ目、心と体力に余裕ができる。

実力が給料に反映する

実力が給与に反映されるので、教員を辞めて幸せ。

教員は年齢給です。

実力がなくても、努力してなくても給与は少しづつ上がります。

年齢給という理不尽なシステムが採用されている日本ですが、今後は欧州のように実力主義になることは間違いないでしょう。

セツゴリ

実力が評価されないとやる気が出ないんですよね、、、

私は教員に向いていなかったかもしれません。

教員を辞めて幸せな理由5つ目、実力が給料に反映している。

>>参考:教員が向いてない人の3つ特徴!【私は向いてないので転職しました】

教員を辞めて幸せな生活にも不満はある

教員を辞めた私の幸せな生活:不満もある
セツゴリ

教員を辞めて幸せですが、少しだけ不満もあります。

教員の方が良かったことを解説します。

教員の方が良かったこと

・社会的信用が高い
・クビがない
・福利厚生

セツゴリ

公務員のメリットが並びましたね。

しかし公務員のメリットを得るために、教員のブラックな労働環境を耐えることはできませんでした。

教員を辞めたい人

教員のメリットよりデメリットの方が多いよね。

セツゴリ

不満があると言いましたが、教員辞めた方が幸せです。

圧倒的に教員より幸せですw

※しいていうならこの3つです。

順に見ていきましょう。

社会的信用が高い

公務員の社会的信用は高いです。

・クレジットカードが作りやすい
・ローンを組みやすい
・異性にも信頼されやすい

セツゴリ

社会的信用でいうと他職に比べてもかなり高いです。

フリーランスで月100万稼いでいても公務員の方が社会的信用が高いなんて話もよく聞きます。

しかし私は、教員時代より稼ぎストレスフリーで自由に生活するスタイルを選びました。

クビがない

どれだけ実力がなくてもクビにされないのは教員のメリットですね。

実力がなくてもクビにされることがないのは他職ではありえないです。

セツゴリ

このシステムが実力のない教員を量産している理由でもあります。

我が子を実力のない教員に任せるのは本当に不安になります。

福利厚生

特に産休、育休がメリットですね。

セツゴリ

それなりの会社に入れば福利厚生が充実しているので大したメリットではないと言いたいのですが、、、

男性でも育休が取りやすいのはメリットですね

福利厚生でボーナスがメリットとよく言われますが、ボーナスも年々悪くなっているのでメリットから外しました。

教員を辞めて幸せな生活を手に入れるために

教員を辞めて幸せな生活を手に入れるための手順を公開します。

・退職時期を検討する
・転職活動を進める

順に見ていきましょう。

退職時期を検討する

教員を辞めたい気持ちが強くなったら退職時期を検討しましょう。

いきなり辞めるのは難しいのタイミングを見極めましょう。

退職時期

・7~8月
(2学期前)

・12月
(3学期前)

・3月←ベスト
(新学期前)

辞めやすい時期の最低1~2ヵ月前に管理職に伝えましょう。
できるだけ早い方が良いですね。

退職代行

退職したい教員

退職したいけど、学年主任や管理職がこわくて相談できない

セツゴリ

退職相談できないときは退職代行がオススメです。

こわい学年主任や管理職と顔を合わすことなく退職できます。

転職サービスまであるのでまずは無料相談してみましょう。

>>参考:退職代行おすすめ3社を比較

転職活動を進める

いきなり無職はつらいですね

退職すると決めたらまずどんな仕事があるか、どんな仕事が向いているのかを調べましょう。

転職したい教員

転職したことないから不安、、、

未経験者の職種でも大丈夫かな、、、

セツゴリ

未経験者向けの転職エージェントがオススメです。

あなたの転職活動をサポートしてくれます。
※もちろん無料です。

教員より良い職場環境、良い給料を転職で手に入れましょう。

※0円でホワイト企業へ、教員向け転職エージェント3選

1、リクルートエージェント
→転職実績NO.1

2、マイナビジョブ20’s
→20代転職に特化

3、リクナビNEXT
→スカウト機能あり

完全無料なので求人を見るだけもアリ。

転職エージェントを使うデメリットは、登録に3分ほどかかることですね。

とはいえ、登録にかかる3分で内定獲得のチャンスが増えるわけですが。

>>教員向け転職エージェント・サイト厳選3社

教員を辞めて幸せ:まとめ

まとめ

・朝の時間を効率的に
・休憩時間が十分ある
・大切な人と過ごす時間
・教員と比べてストレス激減

セツゴリ

令和の時代にオススメなのがwebマーケティング業界かIT業界です。

webライターも稼げるようになりますが、はじめが大変なので向き不向きがあります。

毎年のようにストレスで病休する人がいるのが教員の職場環境です。

人生は1度しかないので後悔しない選択をしてください。

>>参考:元教員の私が使った転職エージェント・転職サイト厳選3社【短期間で内定2つ獲得】




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です