【教員から転職した実体験】教員からホワイト企業に転職した流れまとめ

教員からホワイト企業に転職した流れまとめ【教員はホワイトではない】

※追記:コロナにより転職活動での負担が減りました。
「転職エージェントに相談」「企業面接はオンライン」になったので、移動の負担が減少。

教員
教員からホワイト企業に転職したい。教員から転職した実体験が聞きたい。
セツゴリ
教員からホワイト企業への、転職の流れからポイントまで実体験を基に解説します。
※元小学校教員→現在はwebライター,マーケター。
本記事の内容
  • 教員からホワイト企業に転職した流れ
  • 教員からホワイト企業に転職するポイント

いきなり結論からいきます。

転職での失敗を避けるには早めの行動が大切。
行動が遅いと転職活動での失敗に繋がります。


教員向け転職エージェント/サイト3社

転職エージェントを使うデメリットは、登録に3分ほどかかることですね。無料なので、求人を見て辞めるか判断するのもアリ。

>>教員向け転職エージェント/サイト厳選3社

実体験:教員から転職してホワイト企業への流れ

教員からホワイト企業に転職した流れ

セツゴリ
私は10月から動きましたが、かなり時間に余裕がありました。11月からでも大丈夫そうです。
※3月末退職を前提としての流れです。
教員からホワイト企業に転職した流れ
  • 10月
  • 11月
  • 12月
では順に見ていきましょう。

教員からホワイト企業へ:10月

できれば10月時点で情報収集し、下準備。

まずは下記の2つが決まらないと転職活動がはじまりません。

情報収集のポイント
  • 入りたい業界
  • やりたい仕事
転職サイト最大手である、リクナビNEXTで実際に求人を見て情報収集です。
セツゴリ
実際に求人を見ると、自分が知らない仕事がたくさんあります。
自分のやりたい仕事が決まれば、職務経歴書や履歴書、面接対策を準備。まずは準備して11月に備えます。

教員からホワイト企業へ:11月

転職のプロ、転職エージェントに相談。

転職エージェントのメリット
  • やりたい仕事や入りたい業界を伝えれば、要望にあった企業を紹介してくれる。
  • 職務経歴書や履歴書の添削、面接対策までサポート。
デメリットは登録がめんどくさいぐらいですね。とはいえ完全無料なので使って損はないですが。
セツゴリ
週末に面接対策→そのまま面接の流れです。週末利用できるのがgoodポイント。

転職エージェントのリクルートエージェントにサポートしてもらって、一気に転職活動が本格化しましたね。

転職経験が豊富な方以外は、転職のプロに任せるの方が効率的に転職活動を進められます。

教員からホワイト企業へ:12月

11月中に何社か面接を受けていると、12月には内定獲得できます。

平日は仕事、土日は面接のハードスケジュールもここで終了です。

セツゴリ
私は12月中旬に1社GET。12月末の1番忙しい時期までに内定を獲得できました。

内定を獲得したら、転職活動を終わってもよし、他に探すも良し。

私自身は、年末年始を挟んだことで転職活動への意欲がなくなり、他に探すことはしませんでした。

実体験:教員からホワイト企業に転職するポイント

教員からホワイト企業に転職するポイント
私は12月に内定獲得し、3月に退職しました。私の経験を基に解説します。

教員からホワイト企業に転職するポイント
  • 早めの行動
  • 転職のプロに頼る
  • 転職した流れ:まとめ
では順に見ていきましょう。

早めの行動

3月に退職するなら10月から転職活動をはじめましょう。

理由はシンプル、時間に余裕があると、面接でも企業選びでも余裕があるから。

セツゴリ
知り合いの教員は、1月末から行動して内定獲得したが、企業と合わずまた転職していました。

リスクヘッジのためにも、早めの行動、早めの転職活動です。

教員
早めはわかったけど、転職活動って何したらいいの?

転職のプロに頼る

転職エージェントを利用して転職失敗のリスクを減らす。

履歴書や職務経歴書の作成も手伝ってくれるので、忙しい教員にピッタリです。

セツゴリ
転職エージェントのデメリットをしいて言うなら、登録の3分がめんどくさい。(笑)

とはいえ、完全無料で利用できるので、合わなかったら使わないだけ。

教員
無料やったら使って見るか。てか転職エージェントってどこ使えばいいん?
3つに厳選しました。
教員向け転職エージェント/サイト3社

下記リンクに詳しくまとめてます。
>>教員向け転職エージェント/サイト厳選3社

教員からホワイト企業へ:流れまとめ

流れまとめ
  • 10月リクナビNEXTで求人確認
  • →入りたい業界、やりたい仕事を決める

  • 11月リクルートエージェントを利用
  • →面接対策など手伝ってもらう
    →週末にまとめて面接を受ける

  • 12月末内定獲得。管理職に退職を伝える
  • →余裕があるので、他の企業も調べる

    ※3月退職の場合、12月中には教頭に退職を伝えましょう。

ポイント
  • 転職エージェントや転職エージェントの利用は最大3つまで
  • →多いと把握できない

  • 面接対策、履歴書などは転職エージェントに頼ろう
  • →忙しい教員が1人で転職活動は効率悪い

  • 早めに転職活動すれば、なんとかなる
  • →時間の余裕は心の余裕。

実体験:教員からホワイト企業へまとめ

教員とホワイト企業について:まとめ

まとめ
  • 教員からホワイト企業に転職するには早めの行動
  • 面接対策、書類作成は転職エージェントに任せよう
定時で仕事を終えて、家族との時間を大切にするために、教員からホワイト企業に転職を成功させましょう!
セツゴリ
教員から転職した私の生活を下記リンクにまとめてます。
→教員辞めたら幸せな5つの理由【教員辞めてよかった。後悔はない】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です