【悲報】バーピーは効果がない3つの理由【効果がでるバーピーの回数も解説】

【悲報】バーピーは効果がない3つの理由【効果がでるバーピーの回数も解説】
読者
バーピーをやっても効果ない。ホンマにバーピーって効果あるの?
筆者
バーピーと食事管理で18キロ以上の減量した私の経験を基に解説します。(鬼ハードでした。)

【筆者の信頼性】
元オンラインパーソナルトレーナー
80キロ→62キロの減量経験
BBJに2回出場

本記事の内容
  • バーピーをしても効果がない3つの理由
  • バーピーの効果がでやすい回数/やり方
  • バーピーがダイエット効果が高い理由

バーピーは、「ダイエット効果が高い」すばらしい運動です。ただし、「ほぼ全力」でおこなわないとバーピーによるダイエット効果はないのが問題。

ほぼ全力でおこなうバーピーははっきり言ってキツく、トレーニング初心者の心を折ってしまいます。

短期間で痩せてモテたいなら、ダイエットのプロにお願いするのもアリ。

関連記事:【ライザップ体験談まとめ】ライザップの食事・失敗・返金の体験談を分析



バーピーをしても効果がない3つの理由

バーピーをしても効果がない3つの理由
  • 全力でバーピーをしていない
  • 消費カロリー以上に食べてる
  • 回数を決めてしまっている
では順にみていきましょう。

バーピーをしても効果がない理由①全力でしてない

バーピーをしても効果がない理由①全力でバーピーをしていない

「全力でバーピーをしていない」

バーピーが効果ないと言っている人の大半の理由ですね。バーピーは、「短時間+全力+=心肺機能に負荷」を与えることが目的です。以上の理由で、ゆっくりバーピーしても効果はほぼないです。

筆者
正しいバーピーができていないから効果ないと勘違いしている、ということですね。

※バーピーの正しいやり方は後ほど詳しく解説します。



バーピーをしても効果がない理由②食べ過ぎ

「シンプルに食べ過ぎ」

バーピーを全力でしても効果がない人に多い理由です。確かに、バーピーは短時間で高いダイエット効果があります。しかし、バーピーをしたからといって過剰に食べてしまうと痩せないです。(効果ない)

理由はダイエットの基礎。

消費カロリー>摂取カロリー

いくらバーピーで消費カロリーをあげても、それ以上に食べてしまうと痩せません。カロリーが高い脂質は避けるのがベスト。

筆者
具体的には、「揚げ物・ファストフード」はNG。夜の炭水化物を減らすと体重減少は加速します。

バーピーをしても効果がない理由③回数を決めている

バーピーをしても効果がない理由③回数を決めている

「10回3セット」

少ない回数のバーピーは瞬発力などは鍛えられますが、ダイエット効果は少ないです。筋トレなどの無酸素運動は回数を決め、ランニングなどの有酸素運動は時間を決めておこないます。

筆者
効果のあるバーピーをする方法は、「タバタ式トレーニング」に組み込むことです。

※いわゆるHIIT。



バーピーの効果がでやすい回数・やり方

タバタ式トレーニング(HIIT)にバーピーを組み込む

「バーピーをやっても効果ない」と悩む人にオススメの方法です。ほぼ確実にダイエット効果があります。(暴飲暴食しない限り)

タバタ式バーピー
  • 20秒ほぼ全力バーピー⇔10秒休憩
  • ※3~8セットを繰り返す

動画では8セットですが、いきなり8セットなんてできません。はじめは3セットからはじめると良いでしょう。8セットできる頃には確実に痩せます。それくらいしんどいです。

ポイント:手を抜かない、はじめは少ないセット数からはじめる
筆者
短時間でダイエット効果が高いバーピーですが、とにかくしんどいというデメリットも。

次はバーピーのメリット・デメリットについて解説します。



バーピーはダイエット効果が高いですが

バーピーをしても効果はないのか:まとめ

バーピーについて
  • バーピーのメリット
  • バーピーのデメリット
では順にみていきましょう。

バーピーはダイエット効果が高い:メリット

たった4分のタバタ式バーピーで、何十分もかかるランニングより高いダイエット効果が得られます。

バーピーのメリット
  • ダイエット効果が高い
  • →脂肪燃焼効果が高い

  • 腕や脚も痩せる
  • →全身運動

  • 短時間で高い効果
  • →長くて4分

  • 体力UP
  • →心肺機能向上との研究結果

  • 場所をとらない
  • →家でもできる
    トレーニング器具は不要
    →お金がかからない

タバタ式バーピーに高い効果があるのは研究結果で証明されており、タバタ式バーピーはほぼメリットしかありません。

「忙しいけど痩せたい」
「効率的に痩せたい」

こういった方にはピッタリなのが「タバタ式バーピー」です。

筆者
とはいえ、、、めちゃくちゃしんどいので心が折れます。



バーピーはしんどい:デメリット

バーピーのデメリット
  • とにかくしんどい
  • 筋肉が特別大きくなることはない

タバタ式バーピーで大幅に筋肉がつくわけではありません。

読者
え?でもタバタ式バーピーで細マッチョになった人見たけど?
筆者
脂肪が落ちて筋肉が見えるので、筋肉がついたように見えるだけです。

細マッチョになりたい方は、「タバタ式バーピー+筋トレ」が正解です。

1番のデメリットは、とにかくしんどいことです。

ランニングの比ではありません。ダッシュを何本もおこなう感覚に近いでしょう。



バーピーをしても効果はないのか:まとめ

まとめ
  • タバタ式バーピーすればダイエット効果あり
  • 全力じゃないとバーピーはほぼ効果ない
  • バーピーが辛い人はヨガやエクササイズ

正直、トレーニング初心者にはタバタ式バーピーはオススメできません。普通のバーピーするなら、ヨガやエクササイズなど別のトレーニングがオススメ。自分にあった継続できるダイエット方法を選びましょう。

短期間で痩せてモテたいなら、ダイエットのプロにお願いするのもアリ。

関連記事:【ライザップ体験談まとめ】ライザップの食事・失敗・返金の体験談を分析

関連記事:【マンション可】バーピーを静かにする3つの方法【飛ばないバーピーもあり】