【マンション可】バーピーを静かにする3つの方法【飛ばないバーピーもあり】

【マンション可】バーピーを静かにする3つの方法【飛ばないバーピーもあり】
読者
バーピーを静かにする方法を知りたい。マンションに住んでいるから、うるさかったら下が気になるんよ。

こういった疑問に、バーピーと食事制限で10kg以上減量成功した筆者がお答えします。

※文字だけだと信頼性に欠けるので身体晒します。
筆者信頼性75キロから65キロまでダイエット成功

マンション在住の方でも、バーピーは可能。

筆者自身マンション在住ですが、バーピーを静かにおこなっています。やり方さえ知っていれば簡単。

本記事を参考に、バーピーを静かにおこなう方法をマスターしてもらいたいと思います。

本記事の内容
  • バーピーを静かにする方法3選
  • 「飛ばないバーピー」やり方解説
  • 「飛ばないバーピー」デメリット

結論だけ知りたい方へ。

セツゴリ
厚さ10mm以上のヨガマットを敷いてつま先から着地すれば、バーピーを静かにすることができます。




バーピーが静かにできない3つの原因|ジャンプと着地方法

バーピーが静かにできない原因|ジャンプと着地方法

バーピーが静かにできない3つの原因
  • ジャンプしすぎ
  • カカトから着地
  • 室内シューズを履いている

バーピーが静かにできない人の大半が、「ジャンプしすぎorカカトから着地」しています。

ジャンプしすぎ、カカトから着地すると、次の動作に早く入れないというデメリットもあります。

「じゃあどれくらいジャンプすればいいの?」

という声が聞こえてきそうです。

セツゴリ
具体的には、軽くカカトが浮く程度ジャンプすればOKです。

バーピーを静かにする方法3選|アイテムと工夫

バーピーを静かにする方法3選|アイテムと工夫

バーピーを静かにする方法3選
  • 軽くだけジャンプする
  • →静かにするなら基本

  • つま先から静かに着地する
  • →足首の負担強め

  • 分厚いヨガマットを買う
  • →手も痛くないので1番おすすめ

では順に見ていきましょう。

軽くだけジャンプする|静かにするなら基本

大前提
バーピーを静かにおこなうなら軽くジャンプ

膝を抱えるまで飛んでる人はいないと思いますが、後ほど解説する「バーピーを静かにする方法」も軽くジャンプが大前提です。

もちろん、全力でジャンプした方が脂肪燃焼効果は高いですが、1番大切なことは継続です。

下の階の人に迷惑かけたら、バーピー継続どころじゃなくなってしまいます。

セツゴリ
後ほど解説しますが、最悪飛ばないバーピーもアリです。もちろん、デメリットもありますが。



つま先から静かに着地する|足首の負担強め

軽くジャンプ+つま先着地=静かにバーピー。

つま先から衝撃を殺すように着地すれば、静かに着地することができます。

衝撃を殺すためにはジャンプは軽く。ガッツリジャンプして、つま先で衝撃を殺すのは至難の業です。

とはいえ、つま先着地にもデメリットはあります。「足首への負担」です。

つま先から衝撃を吸収するように着地すると、思っているより足首への負担が大きいのです。

週1程度なら大丈夫ですが、週3回以上おこなうなら足首が痛くなる可能性もあります。

セツゴリ
次に紹介する、バーピーを静かにする方法が1番おすすめです。

分厚いヨガマットを買う|手も痛くないのでおすすめ


ポイント
厚さ10mm以上のヨガマットが正解。

5mmや8mmのヨガマットは思っているより薄いです。逆に分厚すぎると、柔らかすぎて手首が痛くなるというデメリットがあります。

1番バランスの良い厚さが10mmなのです。もちろん、軽くジャンプが大前提なのをお忘れなく。

座布団で試したのですが、着地のバランスが悪いと滑るので危険です。※床がフローリングの場合。

セツゴリ
また、「飛ばないバーピー」という選択肢もありです。解説していきます。



バーピーを静かにするには「飛ばないバーピー」|やり方を解説

飛ばない以外は普通のバーピーと同じです。

正直、この動画のスピード感だとかなり効果は低いので、自分ができるペースでスピードアップすることをおすすめします。

とはいえ、はじめは動画くらいのスピードもありです。身体が慣れてきたらスピードアップでベスト。

身体が慣れているのに、ゆっくりバーピーしていても脂肪燃焼効果はあまりありません。

やらないよりは良いですが、痩せたいなら「息が切れるくらいのスピード」でおこなうといいでしょう。

セツゴリ
飛ばないバーピーは超絶静かにできますが、デメリットもあるので解説していきます。

バーピーを静かにする「飛ばないバーピー」のデメリット|効果は低め

バーピーを静かにする「飛ばないバーピー」のデメリット|効果は低め</h2><p><img src=

飛ばないだけで、脂肪燃焼効果は下がる。

実際やってみるとわかるのですが、飛ばないバーピーはラクです。ラク=脂肪燃焼効果は下がるのは当然。

脂肪燃焼効果を下げない3つの方法
  • 床にヨガマット
  • 軽くジャンプ
  • つま先着地
※カカトが浮くくらいのジャンプでOK

つま先着地にするだけで、ふくらはぎも使うことができ、脂肪燃焼効果が高まるのでおすすめです。

「飛ばないバーピー、ヨガマット&つま先着地」どっちもトライしてみて、自分に合う方を採用するのが良いでしょう。



バーピーを静かにする方法まとめ

まとめ
  • 軽くジャンプ
  • ヨガマット&つま先着地
  • 飛ばないバーピーもあり

バーピーはやり方を間違えるとほとんど効果がありません。効果がある方法は下記記事で解説しています。

関連記事:【悲報】バーピーは効果がない3つの理由【効果がでるバーピーの回数も解説】