>>旅行系YouTubeはこちら

【悲報】筋トレに水分は必要ではない!?不可欠なのは「水」です

【悲報】筋トレに水分は必要ではない!?不可欠なのは「水」です




筋トレ初心者

筋トレしてる人は水分補給しなあかんってホンマなん??
てかなんで水分補給しなあかんの?

こんな悩みを解消します。
どうも、セツゴリです。

結論だけ知りたい方へ。

結論

・お茶やコーヒーじゃなくて水を飲むべき
・お茶やコーヒーは水分補給ではない。

本記事では【筋トレと水の関係】について深掘りしていきます。
本記事を読むことで「水に関する正しい知識」を得ることができます。

セツゴリ

筋トレ歴4年&ベストボディジャパン出場歴(2019年)があるセツゴリが解説していきます。

筋トレ民になぜ水は必要なのか

筋トレ民になぜ水は必要なのか

・筋肉は水分で構成されている
・水分は栄養を運んでくれる

順に見ていきましょう。

筋肉は水で構成されている

筋肉の70%以上は水
身体の60%は水
この事実、皆さん知っていましたか?
さらに言うと、、、

「人間に最も必要なのは水」

筋トレどころか、そもそも人間は水を飲まないと死にます。

固形の食物をとらなくても水を飲んでいれば人間は2~3週間生きれるが、逆に水を飲まないと1週間も生きていられません。

セツゴリ

僕自身ほぼ水だけで3~4日生活したことがあったのですが、生命の危険を感じることはなかったです。水飲めば腹膨れますし。(アフリカ縦断中にトラブル)

話は少し脱線しましたが、「人間に最も必要なのは水」「身体のほとんどは水」なのです。

水は栄養を運んでくれる

水が筋肥大を加速させる

と言っても過言ではない。水を飲むと血流が良くなり、筋肉に栄養が運ばれることで効率良く筋肥大できるのです。

すなわち筋トレ民には水は必須。水を飲むことで筋トレ以外にもメリットがあります。

・むくみ改善
・肌荒れ改善
・便通改善

※余談ですが私自身、「水を飲んでニキビが改善した」経験があります。

「水を飲まないと人死ぬ」というくらい水は重要です。逆に、水を飲んだら健康になるのは簡単に想像がつきますね。

OK!水分が大切なのはわかった。今日からお茶とかコーヒー飲みまくりや!

セツゴリ

ちょいまち、水の話してたよね?
次は「お茶やコーヒーは水分補給じゃない」ってことを解説します。

お茶やコーヒーは「水分補給」ではない

お茶やコーヒーは「水分補給」ではな

・お茶やコーヒーは利尿作用
・水が1番

では、順に見てきましょう。

お茶やコーヒーは利尿作用

お茶やコーヒーは水分補給ではない

カフェインが多く含まれている「コーヒーやエナジードリンク」また「緑茶」は特に利尿作用が強い。

飲んでもむしろ脱水症状を加速させているだけです。炭酸飲料も種類によってはカフェインが多いので注意が必要です。

麦茶やほうじ茶、ココアは利尿作用がないと思われがちですが、カリウムを含んでいるので利尿作用はあります。

利尿作用が強い飲み物を簡単にまとめます。

☆☆☆コーヒー,エナジードリンク,紅茶,緑茶
☆☆ウーロン茶,麦茶,ココア
☆牛乳,豆乳,トマトジュース

※炭酸飲料は種類による

これらの飲み物を飲むときは同じ量の「水」を用意しましょう。脱水症状を防げます。
もちろんアルコール類も利尿作用ありますよ。

炭酸飲料は糖質が多い

筋トレ前に飲むのもアリ

炭酸飲料には砂糖=糖質がたくさん入っており、身体のエネルギーになります。そして糖質は素早く身体に吸収される特性があります。

この特性を活かして筋トレ前のエネルギー補給に炭酸飲料を飲むのはアリです。「筋トレ前に食事をする時間がなかった」場合にオススメです。

セツゴリ

痩せやすい人にも炭酸飲料はオススメです。

痩せやすい人は食事量を摂りたくても摂れない人が多いです。なので素早くエネルギーを補給できるという点を活かして炭酸飲料でエネルギー補給もアリです。

水が1番

やっぱり水が1番

水分補給をするなら「水」を飲みましょう。

日本はお茶を飲む文化なので「水」を飲むことが少ないかと思いますが、筋肉のため健康のために「水」を飲みましょう。

セツゴリ

58ヵ国旅した経験から、日本人は水をほとんど飲まないことがわかりました。

何度も言いますが、お茶ではなく「水」を飲むことが水分補給です。

どれくらい水を飲めば良いのか

どれくらいの水を飲めば良いのか

・体重よって違う
・たくさんの水を飲むポイント

では、順に見てきましょう。

体重によって違う

体重によって必要な水の量は違う

もっというと、トレーニング時間によっても多少変わってきます。
70kgと60kgを例にあげてみます。(1時間筋トレする場合の1日に摂取すべき水量)

筋トレ60分筋トレ30分筋トレなし
70kg3,75ℓ3,35ℓ3ℓ
60kg3、31ℓ2,96ℓ2,6ℓ

※細かく計算したい方は以下のサイトを活用してください。

計算サイト

>>必要水分量計算サイト

サイトの見方

・Unit system:そのままでOK
・Body weight:kg→Ibs(変更サイト
・Duration of workout:1日の筋トレ時間(分)

※【Liters】で1日の水分量を確認してください

たくさん水を飲むポイント

大量の水を飲むのはツラい

私自身、慣れないうちは大量の水を飲むのは辛かったです。今では習慣化して筋トレする日は4ℓ飲んでいますが。

そんな私の経験から、水を飲む習慣をつくるポイントを紹介していきます。

ペットボトルに水を用意しておくと自分がどれくらいの水を飲んだかわかるのでオススメ

・朝出勤するまでに500ml
・昼食・夕食時に500mlずつ
・朝食~昼食の間に500ml
・昼食~夕食の間に500ml

以上の4点を意識するだけで1日2ℓは飲めるので、まずは2ℓを意識して飲みましょう。

慣れたら「朝食~昼食」「昼食~夕食」各の間に1ℓ飲むと良いでしょう。

セツゴリ

営業で車を使う方なら2ℓ水を買って車内に置いておく、デスクワークの人は2ℓ水をデスクに置いておくと飲み忘れを防げますよ。

水道水について

水道水について

水道水のデメリット

水道水を飲むならレモン入れるor浄水器ポット

水道水のデメリットは「塩素」が入っていることです。

アメリカでは水道に含まれる「塩素」が健康に害があるというレポートもありますが、日本の塩素濃度は限りなく低いので健康に問題はありません。

塩素が気になる方は、浄水器を使うかレモンを入れるのをオススメします。

どちらも塩素を除去できます。加熱でも除去できます。毎回レモンを用意するのは非現実的ですが。

水道水のメリット

水道水はコスパ最強

浄水器や浄水器ポットを使うと、安全に水道水を飲める&安いのでコスパ最強です。ウォーターサーバーの方が余分なものが含まれてないですがその分高いです。(水道水直飲みが1番安いですが、、、)

浄水器浄水器ポットウォーターサーバー
1ℓあたり1円7円57円
セツゴリ

私の場合、そのまま水道水を飲むと喉が痛くなるので飲みません。浄水器ポットを使っていました。(安定のAmazon1位浄水器ポット使用)

・水道水に抵抗がない方は「水道水を直飲み」
・直はイヤな方は「浄水器or浄水器ポット」
・水道水が絶対イヤな人は「ウォーターサーバー

浄水器と浄水器ポッドについて解説します。
※ウォーターサーバーは浄水器の次に解説します。

浄水器ポット

めんどくさいのがイヤな人は「ポットタイプ」がピッタリ
蛇口に浄水器つけるのってめんどくさいんですよね、、、

■メリット
・掃除しやすい(清潔)
・取り付け作業なし
・フィルターも簡単交感

■デメリット
・1回で1,1ℓしか作れない
・毎回ポッドに水を入れる必要がある

浄水器(蛇口タイプ)

とにかく安くしたい方にピッタリ

■メリット
・とにかく安い

■デメリット
・掃除しにくい(不潔)
・取り付け作業めんどい
・フィルター交感めんどい

ウォーターサーバーについて

ウォーターサーバーについて

ウォーターサーバーのメリット・デメリット

ウォーターサーバーのメリット

・塩素とは無縁の「ミネラルウォーター」
・定期的に家まで運んでくれる
・健康に良い白湯を飲める
・水素水が飲める

お金に余裕がある方は「ウォーターサーバー」一択ですね。
浄水器に比べると値段が高い」正直これ以外にデメリットはないです。

ウォーターサーバーがオススメな人

・水道水は絶対イヤ
・水素水が良い
・白湯を飲む

この2つにあてはまる方は「ウォーターサーバー」を選んで損しません。

ウォーターサーバー失敗しない選び方

・値段
・天然水
・水道水

抑えておくべきは「値段」「天然水」「水道水」の3つで十分です。

ウォーターサーバー契約の際は、お得なキャンペーンをつかって契約するのがベスト。ウォーターサーバー自体に大差はないのでお得なキャンペーンが開催されているかどうかも確認しましょう。

1日2ℓ以上飲む場合

・天然水の場合
→月8000円以上

・水道水から水素水の場合
→4000~6000円

このあたりの値段が相場となっています。

ウォーターサーバーおすすめ3選

ウォーターサーバーおすすめ3選

ネット上には「おすすめのウォーターサーバー10選!」みたいな記事が多いですよね。

読者

10選は多いよ、、、結局どれが良いかわからない、、、

そこで今回は「おすすめのウォーターサーバー3選」を厳選し、特徴ごとに解説をしていきます。

ウォーターサーバーおすすめ3選

プレミアムウォーター:天然水
アクアバンク:最安値レベル
ガウラ:筋トレガチ勢に最適

順に見ていきましょう。

プレミアムウォーター

プレミアムウォーター

プレミアムウォーター天然水にこだわりがある方向けのウォーターサーバー

水道直結ではない「天然水のウォーターサーバー」ならプレミアムウォーター、一択といっても良いくらい大手の人気メーカーです。

デメリットは値段が高い。
飲む量によるので一概には言えませんが、筋トレ民が活用する場合月9000円くらいかかります。

\天然水が飲めるウォーターサーバー/

ナチュラルミネラルウォーター

プレミアムウォーターの水でもあるナチュラルミネラルウォーターは、地中でミネラル成分が溶解した地下水を原水とし、処理方法など一定の基準を満たした天然水です。

ナチュラルウォーター

筋トレ民はもちろん、赤ちゃんにも安心なのがナチュラルミネラルウォーターです。

プレミアムウォーターがオススメな方

・水道水が絶対イヤな方
・天然水にこだわりがある方
・大手メーカーで安心して使用したい方

\天然水が飲めるウォーターサーバー/

アクアバンク

アクアバンクは筋トレ民のための最安値クラスのウォーターサーバーです。

1日2~4ℓ水を飲む筋トレ民にとって飲み放題は必須。
水素水による疲労回復効果もあります。

デメリットは水道直結。
水道水は絶対イヤな方には向いてないです。

\期間限定QUOカード1万円分プレゼント/

本当に安いのか検証

1日2ℓ、月60ℓ飲むと計算した場合↓

・アクアバンク
月額3980円飲み放題

・他ウォーターサーバー
→24ℓで3980円
月9000円以上

2倍以上差があるのは驚きです、、、

水素水の効果

水素水は日々ハードに筋トレする方に向いています。

疲労回復効果が高いのが特徴です。

疲労を回復するには、水素、ビタミンC、ビタミンE、ポリフェノールなどの抗酸化物質を積極的に摂取する必要があります。その中でも水素は最も強力な抗酸化作用を持ち、水素水を飲むことで身体の中で水素が活性酸素と結びつき無害な水へと変化してくれます。さらに水素には細胞の代謝機能を高める働きもあるので、より大きな疲労回復効果が期待できます。

ガウラ

アクアバンクがオススメな方

・安さを求める方
・水素水が飲みたい方
・1日2ℓ以上の水を飲む方

\期間限定QUOカード1万円分プレゼント/

ガウラ

ガウラ

ガウラ筋トレガチ勢のためのウォーターサーバーといっても過言ではないでしょう。

1日2~4ℓ水を飲む筋トレガチ勢にとって飲み放題は必須。
高濃度水素水による疲労回復効果や血流改善による基礎代謝の向上など、筋トレガチ勢のためのウォーターサーバーとなっております。

デメリットは水道直結。
水道水は絶対イヤな方には向いてないです。

\筋トレガチ勢のためのウォーターサーバー/

天然水より安い

1日2ℓ、月60ℓ飲むと計算した場合↓

ガウラ
月額5980円飲み放題

・他ウォーターサーバー
→24ℓで3980円
月9000円以上

月3000円以上差がありますね。
1日4ℓ飲む場合はさらにガウラの方がお得になります。

筋トレガチ勢のための高水素水

高水素水なのでは筋トレガチ勢にピッタリ

■水素水の効果↓

疲労回復効果疲労の原因となる活性酸素が体外へ排出され疲労が回復します
基礎代謝アップ血流が良くなることで基礎代謝がアップし疲れにくい身体を作ります
筋肉痛回復筋肉痛(炎症)を抑制する作用があり、筋肉疲労を軽減する効果あり
引用元:ガウラ

疲労を回復するには、水素、ビタミンC、ビタミンE、ポリフェノールなどの抗酸化物質を積極的に摂取する必要があります。その中でも水素は最も強力な抗酸化作用を持ち、水素水を飲むことで身体の中で水素が活性酸素と結びつき無害な水へと変化してくれます。さらに水素には細胞の代謝機能を高める働きもあるので、より大きな疲労回復効果が期待できます。

ガウラ

ガウラがオススメな方

・高純度水素水が良い方
・1日2ℓ以上の水を飲む方
・水道直結が気にならない方

\筋トレガチ勢のためのウォーターサーバー/

筋トレと水の関係について:まとめ

まとめ
筋トレと水の関係について:まとめ

・水が筋肥大を加速させる
・まずは意識して2L飲もう
・お茶やコーヒーの利尿作用に注意

・浄水器:節約
・浄水ポット:コスパ最強
・ウォーターサーバー:高品質

自分の生活スタイルに合った「水分補給」を見つけて健康な身体、そして筋肉を手に入れましょう!

水と同じくらい大切なプロテインも摂取して効率良く筋トレ
>>失敗しないプロテイン3選【筋トレ初心者】




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です