>>プロフィールはこちら

教員辞めたいと思ったらすべき3つのこと【辞めたい理由も解説】

【実体験】教員を辞めたいと思ったらすべき3つのこと【辞めたい理由は?】




教員を辞めたい人

教員を辞めたいと思ったら何をしたらいいの?

教員を辞めたい理由は?

こんな悩みを解消します。
どうも、セツゴリです。

本記事の内容

・教員を辞めたいと思った理由
・教員を辞めたいと思ったらすべきこと

セツゴリ

元小学校教員である私が実体験をもとに解説してしていきます。

教員よりホワイトな職場へ。

教員向け転職エージェント・転職サイト

1、リクルートエージェント
→転職実績NO.1

2、マイナビジョブ20’s
→20代転職に特化

3、リクナビNEXT
→スカウト機能あり

転職エージェントを使うデメリットは、登録に3分ほどかかることですね。

とはいえ、登録にかかる3分で内定獲得のチャンスが増えるわけですが。

完全無料なので求人を見るだけもアリ。

>>教員向け転職エージェント・サイト厳選3社

教員を辞めたいと思った理由

【実体験】教員を辞めたいと思ったらすべき3つのこと【辞めたい理由は?】
教員を辞めたいと思った理由

・人間関係
・労働環境
・部活動

セツゴリ

人間関係、労働環境が改善される兆しがないのがつらいポイントです。

部活動は外部コーチを雇えばいいのに、、、

では、順に見てきましょう。

人間関係

多様な人間関係は教員辞めたいと思わせます。

多様な人間関係

・保護者との人間関係
→モンスターペアレント

・教員同士の人間関係
→パワハラ上司※

・生徒との人間関係
→学級崩壊

※年上の教員、学年主任、管理職など

セツゴリ

教員同士、モンスターペアレントが特に大変ですね、、、

どの人間関係にせよ、世界が狭いので悪い噂はすぐに広まるのもつらいですね、、、

毎年のように人間関係が原因で病休・うつ病になるのが教員です。

精神疾患になるような職場なら教員辞めたいと思いますよね。

労働環境

仕事量が多くて残業必須なのに、残業代は少なすぎる労働環境は教員辞めたい思わせます。

※正確には残業代はなく、給特法でみなし残業として給料の4%もらえます。

※給特法は基本給の4%
30万の4%=12000円

例:時間外労働は1日3時間

・1日3時間×20日=60時間
・12000÷60=200
→残業の時給200円

セツゴリ

決まった金額で長時間労働させられているので【定額働かされ放題】とも言われていますね、、、

こんな言葉がある時点で労働環境はブラックです。

個人的には労働環境が原因で。教員を辞めたいと思いました。

部活動

放課後&土日が部活動は教員を辞めたいと思わせます。

セツゴリ

若いからという理不尽な理由で、未経験の部活動担当させられることもあります。

土日も潰れてプライベートの時間激減です。

※小学校教員は部活ない代わりに毎日大量の丸付けがあるのとモンスターペアレント率が高いです。

土日の部活動で、プライベートな時間がとれず、教員辞めたいと思うのは普通の感覚ですよね。

教員を辞めたいと思ったらすべきこと

教員を辞めたいと思ったらすべきこと
教員を辞めたいと思ったらすべきこと

・自分が教員に向いているか
・退職時期を検討する
・転職活動を進める

順に見ていきましょう。

自分が教員の向いているか

教員をやめたいと思ったらまず自分が教員に向いているかを確認しましょう。

教員に向いてない人

・残業代がほしい人は教員は向いてない
(残業必須なのに残業代はない)

・子ども好きだけでは教員は向いてない
(大人との人間関係が大変)

・実力主義が良い人は教員は向いてない
(努力しても給与は同じ)

セツゴリ

ちなみに私は2つあてはまってました。

教員辞めたい、と思ってた感覚は正しかったです。

※一切後悔することなく転職しました。

退職時期を検討する

教員辞めたいなら退職時期を検討しましょう。

いきなり辞めにくいのが教員です。

退職しやすい時期は大きく分けて3回あります。

退職しやすい時期

・7~8月
(2学期前)

・12月
(3学期前)

・3月←ベスト
(新学期前)

セツゴリ

とはいえ、うつ病などの精神疾患の場合はすぐに病休をとりましょう。

周りを気にしている場合ではありません。

健康より大切な仕事なんてないのです

辞めやすい時期の最低1~2ヵ月前に管理職に伝えましょう。
できるだけ早い方が良いですね。

退職手順については下記の記事で解説しています。↓

>>教員の退職準備から退職まで徹底解説

退職が伝えられない教員へ

退職したい教員

退職したいけど、学年主任や管理職がこわくて相談できない

セツゴリ

退職相談できないときは退職代行がオススメです。

こわい学年主任や管理職と顔を合わすことなく退職できます。

転職サービスまであるのでまずは無料相談してみましょう。

>>退職代行おすすめ3社を比較【無料相談】【全額返金保証】【転職サポート】

転職活動を進める

退職時期を決めつつ、転職活動をしましょう。

私は3か月前から転職活動をはじめて、短期間で内定を獲得しました。

セツゴリ

退職後は退職金や失業手当をもらえるので、慌てて仕事を探す必要はありません。

※退職金が少ない場合失業手当との差額がもらえます。

転職したい教員

転職したことないから不安、、、

未経験者の職種でも大丈夫かな、、、

セツゴリ

未経験者向けの転職エージェントがオススメです。

自分にあった求人を紹介してくれるので忙しい教員にピッタリです
※もちろん無料です。

教員より良い職場環境を転職で手に入れましょう。

教員向け転職エージェント・転職サイト

1、リクルートエージェント
→転職実績NO.1

2、マイナビジョブ20’s
→20代転職に特化

3、リクナビNEXT
→スカウト機能あり

転職エージェントを使うデメリットは、登録に3分ほどかかることですね。

とはいえ、登録にかかる3分で内定獲得のチャンスが増えるわけですが。

完全無料なので求人を見るだけもアリ。

>>教員向け転職エージェント・サイト厳選3社

教員を辞めたい:まとめ

まとめ
教員を辞めたい:まとめ

・労働環境が劣悪で辞めたい
・部活動がつらくて辞めたい
・人間関係がつらくて辞めたい
・教員に向いてるか確認
・退職時期を検討する
・転職活動を進める

毎年のようにストレスで病休する人がいるのが教員の職場環境です。

しかし、教員のやりがいは他職を圧倒するものがあります。

人生は1度しかないので後悔しない選択をしてください。

セツゴリ

私は退職してライター業とブロガーでリモートワークをしています。

もちろんノーストレスです。

教員向け転職エージェント・転職サイト

1、リクルートエージェント
→転職実績NO.1

2、マイナビジョブ20’s
→20代転職に特化

3、リクナビNEXT
→スカウト機能あり

転職エージェントを使うデメリットは、登録に3分ほどかかることですね。

とはいえ、登録にかかる3分で内定獲得のチャンスが増えるわけですが。

完全無料なので求人を見るだけもアリ。

>>教員向け転職エージェント・サイト厳選3社




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です