>>プロフィールはこちら

教員が辛い3つの理由【元教員が解説、私は辛いので辞めました】

教員が辛い3つの理由【元教員が解説、私は辛いので辞めました】




小学校教員がつらい人

教員が辛いんやけどどうしたらいいかな。教員が辛いから辞めたい。

こういったお悩みを解消します。
どうも、セツゴリです。

本記事の内容

・教員が辛い3つの理由と解決方法
・教員が辛いのは今後も変わらない
・教員が辛いなら早めに転職すべき理由

教員は辛い仕事。辛い仕事を定年まで続けると思うと寒気がしますよね。

結論からいうと、辛いなら早めに辞めるべき
理由は2つ。
・教員の辛い仕事は今後も変わらない
・転職は若い方が有利

セツゴリ

私は小学校教員を2年で退職しました。社会不安障害持ち。

実体験をもとに解説します。現在は転職して、ライター業でストレスフリー生活

教員向け転職エージェント/サイト3選

1、リクルートエージェント
→転職実績NO.1

2、マイナビジョブ20’s
→20代転職に特化

3、リクナビNEXT
→スカウト機能あり

転職エージェントのデメリットをしいて言うなら、登録にかかる3分がめんどくさい。

とはいえ完全無料なので求人を見るだけもアリ

>>教員向け転職エージェント・サイト厳選3社

教員が辛い3つの理由と解決方法

・人間関係
・長時間労働
・定額働かせ放題

※「長時間労働・定額働かせ放題」には根本的な解決方法はありません。文科省次第。

順に見ていきましょう。

人間関係

教員が辛い3つの理由【元教員が解説、私は辛いので辞めました】

教員が辛い理由1つ目、人間関係

人間関係といっても、大きく分けて3パターンあります。

・保護者との人間関係
→モンスターペアレント

・教員同士の人間関係
→パワハラ上司

・生徒との人間関係
→学級崩壊

・モンスターペアレントは、地域や学校、学年に左右されるので正直運ですね。令和になってから少し減ったが、なくなることはないです。モンペのせいで、いつまでも帰れないという悪夢もあります。

・教員同士の人間関係も学校によります。人間関係は運要素が強い。とはいえ、教員は癖が多い人間が多いので基本的に人間関係は大変です。完璧な人間関係の職員室なんてあり得ません。

・生徒との人間関係も地域と学年によりますが、荒れてる学年に当たれば最悪です。もちろん、実力がある先生なら問題ないですが、全ての先生が実力あるわけではないので。

小学校教員がつらい人

この中に、私が教員辛いと思う理由があるわ。

セツゴリ

どの人間関係にせよ、教員の世界は狭いので悪い噂はすぐに広まります。

毎年、人間関係が原因で病休・うつ病になるのが教員。辛いですよね。

※ちなみに、一般企業の2,5倍「うつ病」になりやすいのが教員という仕事。

教員が辛い理由1つ目、人間関係の対策を見ていきましょう。

人間関係:対策

人間関係別にまとめました。

・教員:頼まれた仕事は最速で終わらせる
・生徒:指導のメリハリ
・保護者:こまめな連絡

とはいえ、人間関係で1番大切なのが第一印象。

新学期がはじまる4月に以下のことを意識してください。
・話は否定せず最後まで聞く
・話を聞くときは相槌を打つ

セツゴリ

第一印象を良くするには相手の話をうまく聞くことです。大人、子ども関係なく。

私はこの方法で、人間関係は良好。

※1年目がうまくいかなかった経験を活かして、2年目は人間関係は良好でした。

教員は、子どもはもちろん大人とのコミュニケーション能力が求められます。

人間関係がうまくいかない人は、そもそも教員に向いてない可能性もあるので、転職もアリですね。※向いている職場の方が活躍できる。

長時間労働

長時間労働

教員が辛い理由2つ目、長時間労働

月間の残業は60~80時間。これは異常です。

なぜなら、過労死ラインは月80時間だから。

過労死ラインは80時間(月に20日出勤とすると、1日4時間以上の残業・12時間労働)

過労死ラインは80時間
教員

7時半に出勤して18時に帰れれば早い。20、21時に帰宅が普通。

4時間残業なんてザラやん。

セツゴリ

部活を担当していれば、簡単に月80時間の残業になります。

長時間労働の理由として、大きく分けて2つあります。

・仕事量が多すぎる
・自分の仕事は後回し

・長時間労働の原因は、教員という仕事の仕組みにあります。一般企業なら外注するような仕事も、教員は全て教員自身がおこなうのです。

また、授業準備に関しては終わりがないです。要領が掴めてない、新任教員は特に長時間労働になりがちです。

・「職員会議長いなぁ」と思ったことありませんか。定時超えるなんてザラですよね。定時後から自分の仕事をしたら、長時間労働になるに決まっています。

教員

「教員の仕事じゃないやん」って思うことよくあるわ。

教員が辛いわけやで、ホンマ。

セツゴリ

教員の仕事に対する古い考えが、長時間労働の根本的な原因かもしれませんね。

長時間労働で教員辛いと思わないわけがないですよね。

長時間労働:対策

仕事に対して割り切る。

正直、根本的な解決方法はないです。

長時間労働は、個人の力じゃどうしようもないことが多いです。

授業準備にこだわりすぎない、ということくらいしか対策がないです。割り切ることも大切です。

セツゴリ

教員の場合、仕事に全力を尽くしすぎると、教員自身の身体がもちません。

教員

割り切って、抜くとこ抜かんと自分がもたへんよな。

「長時間労働がどうしてもイヤ」という方は、転職しかないでしょう。私が退職した理由の一つが長時間労働です。

定額働かせ放題

定額働かせ放題

教員が辛い理由3つ目、仕事量が多くて残業必須なのに、残業代は少なすぎる

原因は「給特法」です。

実際どれくらい少ないのか計算してみます。

※残業代は基本給の4%(正確には給特法
30万の4%=12000円

例:時間外労働は3時間

・1日3時間×20日=60時間
・12000÷60=200
→残業の時給200円

※正確には残業代はなく、給特法でみなし残業として給料の4%もらえます。

セツゴリ

もちろん残業時間は人によって違います。

それでも低すぎる、、、

これじゃつらいのは当たり前ですよね。

定額働かせ放題:対策

根本的な解決はない。

残業を減らす努力はできますが、限界があり。仕事に対して割り切るしかありません。

セツゴリ

個人的に、教員が辛いと思う1番の理由が「定額働かせ放題」です。

なぜなら、自分じゃどうすることもできないから。

教員

給特法が変われば、「定額働かせ放題」もなくなるから、教員の労働環境は良くなるんじゃないの?

教員が辛い原因である、労働環境について見ていきましょう。

教員が辛いのは今後も変わらない

教員が辛いのは今後も変わらない

「定額働かせ放題」の原因である、給特法は改悪されたので、教員が辛いのは今後も変わらない

簡単に解説していきます。

2018年、3万票の改正を求める票が集まり、2019年末「改正給特法」が成立しました。

教員に興味ある人

半世紀ぶりの給特法の改正!

ついに教員のブラック労働環境とはおさらばだぁー!

セツゴリ

みんな期待をしました、、、

しかし、今回の改正給特法は教員の労働環境をより悪くするのです。

「業務量の適切な管理等に関する指針の策定」「一年単位の変形労働時間制」この2つが変更点です。めちゃくちゃ簡単に説明すると、

・残業代はなし、給料の4%だけ。
・仕事量は変わらず、残業時間の上限設定
・夏休みが増えるが平日の勤務時間が伸びる

セツゴリ

仕事量が変わらないのに、「残業上限、夏休みが増える」

根本的な解決になっていません。しかも平日の勤務時間が伸びるという改悪。

※平日の一部。

教員

そもそも夏休みは、余りまくっている有給を消化してたし。

マジでない改正やん。

セツゴリ

50年ぶりに改訂されても、労働環境の改善はない。

教員が辛いのは今後も変わらないのが確定しました。

教員

教員辛いのは改善されないのか。転職したいわ。いつ転職しようかな。

※給特法改悪について詳しく知りたい方は、下記の記事を参考にしてください。

>>給特法の改悪で労働環境はさらに悪化【2020年最新】

教員が辛いなら早めに転職すべき理由

教員が辛いなら早めに転職すべき理由

教員が辛いなら早めに転職すべき理由は、20代の転職が有利だから

30代でも転職可能ですが、少しハードルが上がります。※転職エージェント談

転職したい若手小学校教員

なんで20代が転職有利なの?

セツゴリ

20代の転職は、将来性に期待されます。逆にいうと、スキルが求められないのです。

ビジネスの経験もないですし。

転職したい若手小学校教員

ということは、30代になるとスキルが求められると。

教員はスキルないから、20代のうちに転職すべきやね。

セツゴリ

学習塾など、教育系ならスキルを活かせます。

とはいえ、早めの転職がベストですね。

転職したい若手小学校教員

ところでどうやって転職したらええの?

セツゴリ

転職エージェントがオススメです。プロがなんでも手伝ってくれるので。

私自身、短期間で内定獲得しました。

0円でホワイト企業への転職活動を手伝ってくれる、教員向け転職エージェント。

1、リクルートエージェント
→転職実績NO.1

2、マイナビジョブ20’s
→20代転職に特化

3、リクナビNEXT
→スカウト機能あり

完全無料なので求人を見るだけもアリ。

転職エージェントを使うデメリットは、登録に3分ほどかかることですね。

とはいえ登録にかかる3分で、新しい人生が歩めるかもですが。

>>教員向け転職エージェント・サイト厳選3社

教員が辛い方へ:まとめ

まとめ
教員が辛い理由

・人間関係
・長時間労働
・定額働かせ放題

毎年のように病休する人がいるのが教員の職場環境です。教員が辛いと思うのが普通な労働環境です。

さらに、教員の辛い労働環境が改善されることはありません。心と身体を壊す前に転職するのもありです。

セツゴリ

私は退職してライター業とブロガーをしていますが、教員のストレスから解放されて幸せです。

0円でホワイト企業への転職活動を手伝ってくれる、教員向け転職エージェント。

1、リクルートエージェント
→転職実績NO.1

2、マイナビジョブ20’s
→20代転職に特化

3、リクナビNEXT
→スカウト機能あり

完全無料なので求人を見るだけもアリ。

転職エージェントを使うデメリットは、登録に3分ほどかかることですね。

とはいえ登録にかかる3分で、新しい人生が歩めるかもですが。

>>教員向け転職エージェント・サイト厳選3社




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です