ケトジェニック(糖質制限)ダイエットで18キロ痩せたビフォーアフター

ケトジェニック(糖質制限)ダイエットで18キロ痩せたビフォーアフター


80キロから62キロ(18キロ減量成功)

本記事は、ダイエット初心者~中級者向けです。

読者
ケトジェニック(糖質制限)ダイエットって本当に痩せるの?ビフォーアフター見てみたい。

こういった疑問に、ケトジェニック(糖質制限)ダイエットで18キロ痩せた筆者がお答えします。

筆者
筆者の信頼性
2019・2021ベストボディジャパン出場
元オンラインパーソナルトレーナー



本記事の内容
  • ケトジェニック(糖質制限)ダイエットビフォーアフター
  • ケトジェニック(糖質制限)ダイエット3つのポイント
  • ケトジェニック(糖質制限)のメリット・デメリット

「あなたは何キロ痩せられる?」

で有名なライザップでも導入されているケトジェニック(糖質制限)ダイエットをセルフでおこなってみました。

結論、筆者は知識があるのケトジェニック(糖質制限)ダイエットに成功したが素人では難しい。というのが素直な感想です。

筆者
ケトジェニックダイエットと糖質制限ダイエットは、イコールではありません。ゆるいケトジェニックダイエット=糖質制限という認識でOKです。

ケトジェニック(糖質制限)ダイエットで18キロ痩せたビフォーアフター

ケトジェニック(糖質制限)ダイエットで18キロ痩せたビフォーアフター

筆者のダイエットについて
  • 在宅ワークで10キロ太る
  • ダイエットついでにBBJ出場を決意
  • オートミールダイエット
  • →はじめは順調も落ちにくくなる

  • 糖質制限→ケトジェニックも導入
  • →最終的に18キロの減量成功

※BBJ→ベストボディジャパン

ケトジェニック(糖質制限)ダイエットは短期間で反面、痩せる栄養管理は素人には難しい。

・10キロ落とすのに3ヶ月
・8キロ落とすのに3ヶ月
・トータル6ヶ月

ダイエット初期はオートミールダイエット(低脂質ダイエット)をしていたのですが、落ちなくなったので糖質制限ダイエットを導入。

糖質制限を徐々に厳しくしていき、最終的にはケトジェニックダイエットをおこないました。

セツゴリ
体質にもよりますが、ケトジェニックダイエットはめちゃくちゃ痩せます。ライザップが導入するのも納得。

ただし、栄養管理が難しいというデメリットもあります。

次にケトジェニック(糖質制限)ダイエットのメリット・デメリットを解説していきます。



ケトジェニック(糖質制限)ダイエットで-18キロのビフォーアフターに成功してわかったメリット・デメリット

ケトジェニック(糖質制限)ダイエットで-18キロのビフォーアフターに成功してわかったメリット・デメリット

ケトジェニック(糖質制限)ダイエットのメリット

メリット
  • 短期間で痩せやすい
  • →ダイエット効果が高い

  • 美味しいものが食べられるので継続しやすい
  • →ステーキやサーモン

短期間で痩せやすい|ダイエット効果が高い

オートミールダイエットのような低脂質(脂質をかなり減らす)ダイエットより、ケトジェニック(糖質制限)ダイエットの方が短期間で痩せます。

ライザップのようなプロの集団がケトジェニック(糖質制限)ダイエットを取り入れていることからも、ケトジェニック(糖質制限)ダイエットが短期間で痩せることの証明にもなるのではないでしょうか。

セツゴリ
個人的には短期間で痩せたいならケトジェニックダイエット推奨です。とはいえデメリットも存在します。

美味しいものが食べられる|ステーキやサーモン

ジューシーな鶏もも肉やステーキが食べられるので、筆者はケトジェニック(糖質制限)ダイエットが好きでした。

肉や魚が好きな人にはピッタリのダイエットです。脂っこくても問題なし。シンプルに最高。

※オートミールダイエットなどの低脂質ダイエットでは、鶏胸肉が主流になるのでキツイ。

セツゴリ
ダイエットで1番重要なのは継続です。1週間で10キロ痩せることはできないですよね。美味しいものが食べることができれば、継続は簡単です。



ケトジェニック(糖質制限)ダイエットのデメリット

素人には栄養管理が難しく、タンパク質と良質な脂質を計算する必要がある。

タンパク質(体重×1,5~2倍)
  • 例:60kgの場合、90~120gのタンパク質
  • →1日鶏もも肉450g~600g分
    (食材に含まれるタンパク質を考えると上記より少なくてもOK)

脂質(全体カロリーの50~60%)
  • 例:2000kcalの場合、1000~1200カロリー分
  • →脂質約110~130g
    →アボカド1つで脂質約25gとして、1日で5つ分
    →サーモンやアボカド・肉・卵から摂取

タンパク質は主食を肉・魚・卵にすればクリアできますが、脂質が意外と難しいです。

「筆者の場合」
朝:卵7つ・チーズ
昼:鶏もも肉300g(皮付き)・アボカド
夜:サバ缶・ブロッコリーサラダ

上記の食事内容で脂質約110~120gです。

一般人なら1100~1500カロリーを基準にすると思うので、上記ほど脂質を摂取することはありません。とはいえ栄養管理が難しいのはデメリットです。

筆者
痩せるが難しいのがケトジェニック(糖質制限)ダイエット。自分のチャレンジして無理ならプロに頼むのもアリ。

【ライザップ体験談まとめ】ライザップの食事・失敗・返金の体験談を分析

【ライザップ体験談まとめ】ライザップの食事・失敗・返金の体験談を分析

ケトジェニック(糖質制限)ダイエットのメリット・デメリットを踏まえた上で、ケトジェニックダイエットのポイントを解説していきます。

ケトジェニック(糖質制限)ダイエットで-18キロのビフォーアフターに成功した3つのポイント

ケトジェニック(糖質制限)ダイエットで-18キロのビフォーアフターに成功した3つのポイント

成功した3つのポイント
  • 思っているより脂質を多く摂取
  • MCTオイルでダイエットを加速
  • 野菜や糖質ゼロ麺を食べる
筆者
糖質制限から徐々にケトジェニックへ移行するのもポイントです。身体を少しずつ慣らすイメージですね。

では順に見ていきましょう。

思っているより脂質を多く摂取|よくあるミス

脂質が不足するとケトジェニック(糖質制限)ダイエットに失敗する。

理由は以下の通り。

ケトジェニックダイエットでは、糖質の代わりに脂質を大量に摂取します。
糖質が足りない体内では、エネルギーを補うために脂肪を分解して作った「ケトン体」を利用して体を動かすようになります。この状態をケトーシスと呼び、糖質が体に摂取されるまで脂肪をエネルギーとして体を動かします。
引用元:【トレーナーが徹底解説】ケトジェニックと糖質制限の違いとは

さらに言うと、唐揚げなどの揚げ物ではなく、良質な脂質を多く摂取するのは意外と難しいです。

良質な脂質×タンパク質
  • サバ缶
  • アボカド
  • 鶏もも肉(皮付き)

上記は筆者が実際に食べまくっていた食材です。コスパ・手軽さを重視しながら食材を選びました。



MCTオイルでダイエットを加速|少しずつ摂取しよう

ケトジェニックダイエット中に、脂肪が燃えやすくするのがMCTオイルの効果。

※少し専門的にいうと、MCTオイルはケトーシス状態に早く移行→ケトーシスを維持しやすい効果があります。

注意
MCTオイルは少しずつ摂取すべし。下痢になる可能性アリ。
例:1週目は1日5g、2週目は1日10gのように少しずつ増やしましょう。
筆者
筆者自身、初日から15gコーヒーに入れて飲んだのですが、速攻で下痢になりました。少しずつ摂取すれば問題ないので、筆者のようなミスはしないでくださいね。(笑)


野菜や糖質ゼロ麺を食べる|ダイエットの敵である便秘対策

脂質が多い食事を野菜であっさりと食べつつ、食物繊維でお腹の調子を整える。

ケトジェニックダイエットに限らず、ダイエットは食べる量が減るため便秘になりやすいです。

野菜を摂取するのは当然ですが、個人的おすすめなのが糖質ゼロ麺です。食物繊維が多く、麺を食べて気分転換もできるので最高です。

ケトジェニック(糖質制限)ダイエットで-18キロのビフォーアフターしてわかった3つの手順

糖質制限・ケトジェニックの手順
  • まずは糖質制限からはじめる
  • 徐々に脂質量を増やしてケトジェニックへ
  • 成功したら最高、失敗したらプロに頼むのもアリ

素人には難しいがダイエット効果の高いケトジェニック(糖質制限)ダイエット。

日々の栄養管理はかなり難しいですが、挑戦する価値はあります。ライザップはプロで確実に痩せますが、あくまで最終手段です。自分でチャレンジして痩せるのがベスト。

・ダイエットが続かない
・続いても痩せない
・何しても痩せない

こういった方に向いているのがライザップ。逆に、上記に当てはまらないならケトジェニック(糖質制限)ダイエット自分で挑戦してみましょう。

【ライザップ体験談まとめ】ライザップの食事・失敗・返金の体験談を分析

【ライザップ体験談まとめ】ライザップの食事・失敗・返金の体験談を分析