教員が夏休みに退職するメリット・デメリット【法律上問題なし】

教員が夏休みに退職するメリット・デメリット【法律上問題なし】
読者
教員の夏休み退職ってどうなの?できるだけ早く退職したいけど、夏休みに退職する人って少ないよね。周りの目が気になる。

こういった疑問に、「小学校教員を2年で退職した筆者」がお答えします。

本記事の内容
  • 教員の夏休み退職は法律上問題なし
  • 教員の夏休み退職が嫌がられる2つの理由
  • 教員が夏休みに退職するメリット・デメリット
セツゴリ
教員の夏休み退職は法律上問題なし。ストレスでうつ病になる前に退職・転職するのがベスト。

「やりたい仕事がない」
「本当に内定もらえるの?」
「転職ってどうすればいいの?」

こういった方に向いているのが、転職エージェント。無料なので、登録して損はないです。求人だけ見てみるのもあり。

転職エージェントの利用は無料です。

おすすめの転職エージェント・サイト3社
  1. リクルートエージェント公式
  2. →転職実績NO.1。安定重視の方向け

  3. リクナビNEXT公式
  4. →転職者の8割が利用。まず求人を見たい方向け

  5. マイナビ20’s公式
  6. →20代転職に特化。サブ利用推奨。

精神的に限界な人は退職代行もアリ。

「イヤな先輩教員に会うことなく退職」
「職場とのやり取りゼロ」

たかが数万円払うだけで【退職のめんどくさいやり取りを代行】してくれるサービスです。鬱寸前や精神的に限界な方におすすめです。

関連記事:【精神的に限界な人へ】おすすめの退職代行3選【健康第一】

【精神的に限界な人へ】おすすめの退職代行3選【健康第一】

教員の夏休み退職は法律上問題なし|とはいえ早めに伝えましょう

教員の夏休み退職は法律上問題なし|とはいえ早めに伝えましょう

(退職)
第十四条 職員は、退職しようとするときは、特別の事由がある場合を除き、退職しようとする日の前十日までに、退職願を提出しなければならない。
(平三教委訓令三・一部改正)
引用元:東京都教育委員会職員服務規程

教員の退職は、法律上10日前までに伝えれば違法ではない。

法律的に問題ないので、もちろん教員が夏休みに退職するのも問題ありません。

「できれば1ヶ月前には伝えるべし」

とはいえ、10日前に退職を伝えるのは急すぎます。教員は引き継ぎが多いので、夏休みに退職するなら6月中には伝えるのがマナーです。

※もちろん、早めに早めに伝えるのがベストです。

セツゴリ
教員の夏休み退職は法律上問題ないのに、嫌がられる傾向がありますよね。理由を解説します。

教員の夏休み退職が嫌がられる2つの理由|気にする必要なし

教員の夏休み退職が嫌がられる2つの理由

嫌がられる2つの理由
  • 責任感が問われる
  • 管理職の仕事が増える

責任感が問われる|責任感より自分の健康

「教員は1年間、生徒を指導するのが仕事。途中で辞めるなんて責任感がない。」

こういった責任感が理由で、教員の夏休み退職は嫌がられています。

責任感については一理あります。

しかし、ストレスがかかる状態で無理して3月末まで教員を続ければ「うつ病」になるリスクもあります。

責任感も大切ですが、自分の健康が1番大切です。

むしろ、辞めたいと思いながら働く教員より、やる気のある教員にバトンを渡す方が責任感があると思うのは筆者だけでしょうか。

※責任感を押し付けてくる先輩教員は、あなたがうつ病になっても責任をとってくれません。

セツゴリ
教員の夏休み退職は責任感を問われますが、自分の健康が1番大切です。

管理職の仕事が増える|管理職の都合

代わりの教員を探すという仕事が増えるので、教員が夏休みに退職すると、嫌がられます。

管理職があの手この手で退職を止めてくるのは、自分の仕事が増えるのがイヤなだけです。

管理職がよく言う言葉
  • 退職してどうするの
  • 転職先決まってるの
  • 教員は安定してるよ

こういった言葉を投げかけて、退職を止めようとします。管理職自身のために。先程の責任感と違い、管理職の引き止めは完全無視でオケです。

セツゴリ
教員の夏休み退職を引き止める管理職は完全無視でオケです。あなたがうつ病になっても管理職は助けてくれません。

教員が夏休みに退職するメリット|後悔しない選択を

教員が夏休みに退職する3つのメリット・1つのデメリット|後悔しない選択を

メリット
  • 10月は求人が多いシーズン
  • 3月まで無理して教員しなくていい

では順に見ていきましょう。

夏休み10月は求人が多いシーズン|転職しやすい

特に求人数が多いと言われているのが「1月~3月」「GW明け~6月」「夏期休暇明け~10月」の3パターンです。
引用元:求人数が多いのはいつ?時期を見極めて転職活動をスムーズに進めよう!

「夏期休暇明け~10月」に求人数が増える理由

お盆休みは年間でも有数の長期休暇となる企業が多く、休み明けから本格的に採用活動をスタートさせていきます。

お盆明けから秋口にかけて、新たな採用ニーズが生まれやすいタイミングです。上期が終わった段階で人員計画を見直し、下期に向けた体制構築を考える企業が多いからです。
引用元:求人数が多いのはいつ?時期を見極めて転職活動をスムーズに進めよう!

教員が夏休みに退職する場合、転職活動をする時間ないというデメリットがあると思いきや、実は問題なし。

教員の夏休み退職は、求人数が多いシーズンなので転職活動がしやすいのです。

退職してから転職活動をおこなうので、時間と心にゆとりのある状態で面接に挑むことができます。

筆者が教員だった頃、土日に転職活動をしていたのですが、疲労感が半端じゃなかったです。転職活動のしやすさでは、夏休み退職がベストかもしれません。

セツゴリ
教員の夏休み退職は、心に余裕がある状態で面接を受けられるのでおすすめです。

3月まで無理して教員しなくていい|教員辞めたらストレス激減

いち早くストレスから解放される、教員が夏休みに退職する最大のメリットです。

「教員をすぐにでも辞めたい・仕事で強くストレスを感じている」状態で、3月末まで教員を続けていたら、ストレスで身体か心を壊すリスクすらあります。

もちろん、会社員として働いてもストレスはあります。とはいえ、「過労死ラインの残業や土日部活動」など教員より遥かにストレスは少ないです。(教員がブラックすぎるだけ)

セツゴリ
夏休みに退職すれば、ストレスフルの教員生活からいち早く解放されるメリットがあるといえます。

教員が夏休みに退職するデメリット|しいて言えば1つだけ

教員が夏休みに退職すれば、同僚や先輩教員・管理職から嫌味を言われるかもしれません。

とはいえ、面と向かって言ってくる人はほとんどいないでしょう。聞こえるくらいの陰口で言われるかもしれませんが。

セツゴリ
二度と会うことがない人に文句を言われても問題なし。と割り切れる人ならいいですが、割り切れないなら退職代行もあり。

精神的に限界な人は退職代行もアリ。

「イヤな先輩教員に会うことなく退職」
「職場とのやり取りゼロ」

たかが数万円払うだけで【退職のめんどくさいやり取りを代行】してくれるサービスです。鬱寸前や精神的に限界な方におすすめです。

関連記事:【精神的に限界な人へ】おすすめの退職代行3選【健康第一】

【精神的に限界な人へ】おすすめの退職代行3選【健康第一】

教員の夏休み退職が無理ならいつ退職すればいいか|冬休みか3月がベター

夏休みに退職するタイミングを逃してしまった、という教員の方は冬休みか3月退職がおすすめ。

もちろん3月末がベストですが、冬休みのタイミングもあり。冬のボーナスを貰った後なので、辞めるタイミングとしては悪くはないです。

セツゴリ
大切なのは早めの転職活動です。転職活動をギリギリにおこなうと、焦って面接がうまくいかない場合も。

転職エージェントの利用は無料です。

おすすめの転職エージェント・サイト3社
  1. リクルートエージェント公式
  2. →転職実績NO.1。安定重視の方向け

  3. リクナビNEXT公式
  4. →転職者の8割が利用。まず求人を見たい方向け

  5. マイナビ20’s公式
  6. →20代転職に特化。サブ利用推奨。

教員の夏休み退職についてまとめ|精神的に限界なら退職一択

まとめ
  • 教員の夏休み退職は嫌がられる
  • 夏休み退職は転職活動がしやすい
  • 精神的に限界なら無視して退職がベスト

追伸

教員が夏休み退職する際に良く言われるのが「責任感」という言葉。

「責任感」と言ってくる同僚や管理職は、あなたがストレスで体調を崩しても責任感をとってくれません。

セツゴリ
自分の人生の責任は全て自分です。後悔のない選択ができればいいですね。

関連記事:【初心者向け】おすすめ転職エージェント・サイト3選【これだけでOK】

【初心者向け】おすすめ転職エージェント・サイト3選【これだけでOK】