校正を辞めたいと悩んでいる人へ【悪循環に陥ると校正ミスが増える】

校正を辞めたいと悩んでいる人へ【悪循環に陥ると校正ミスが増える】
読者
校正辞めたい。校正ミスが増えてきて、これ以上校正を続ける自信がない。

こういった悩みにお答えします。

※校正経験のある友人メイ(仮名)へのインタビューを基に執筆しています。

本記事の内容
  • 校正を辞めたい理由3選
  • 校正を辞めたい人の共通点
  • 校正者におすすめの転職先
セツゴリ
辞めたいと思いながら仕事をしても、ストレスが溜まって精神的に疲弊するだけです。うつ病になるリスクもあります。

「やりたい仕事がない」
「本当に内定もらえるの?」
「転職ってどうすればいいの?」

こういった方に向いているのが、転職エージェント。無料なので、登録して損はないです。求人だけ見てみるのもあり。

転職エージェントの利用は無料です。

おすすめの転職エージェント・サイト3社
  1. リクルートエージェント公式
  2. →転職実績NO.1。安定重視の方向け

  3. リクナビNEXT公式
  4. →転職者の8割が利用。まず求人を見たい方向け

  5. マイナビ20’s公式
  6. →20代転職に特化。サブ利用推奨。

精神的に限界な人は退職代行もアリ。

「上司に会うことなく退職」
「職場とのやり取りゼロ」

たかが数万円払うだけで【退職のめんどくさいやり取りを代行】してくれるサービスです。鬱寸前や精神的に限界な方におすすめです。

関連記事:【精神的に限界な人へ】おすすめの退職代行3選【健康第一】

【精神的に限界な人へ】おすすめの退職代行3選【健康第一】

校正を辞めた友人メイ(仮名)にインタビュー|半年で転職

校正を辞めた友人メイ(仮名)にインタビュー|半年で転職

校正を辞めた友人の経歴
  • 半年もたずに校正を辞める
  • 現在はWEBライター
セツゴリ
いきなりやけど、校正を辞めたいと思った理由は?
友人メイ(仮名)
作業が単調すぎるのと、細かい作業に疲れたのが1番かなー。目を酷使したから視力落ちた気がする。
セツゴリ
あーたしかに単調。細かい作業無理やと校正無理よな。筆者も苦手。
友人メイ(仮名)
逆に「淡々とコツコツ作業できる」っていう人には校正向いてるで。まぁ俺は向いてなかったわ笑
セツゴリ
人間向き不向きがあるもんなー。ほんで、転職はいつしたん?
友人メイ(仮名)
1ヶ月目で「校正向いてない」って思ってすぐに転職活動開始。半年後にはライターに転職やで。

インタビュー内容を基に「校正を辞めたい理由3選」や「校正を辞めたい人の2つの共通点」「校正を辞めたい人におすすめの転職先」について解説していきます。

校正を辞めたい理由3選|インタビューを基に解説

校正を辞めたい理由3選|実体験を基に解説

校正を辞めたい理由3選
  • ミスの連続
  • 作業が単調
  • 身体の不調

では順に見ていきましょう。

ミスの連続|完璧にこなして当たり前

ミスがプレッシャーを呼ぶ
  • 完璧にこなして当たり前が校正
  • 納期を守って当たり前が校正
  • →当たり前=プレッシャー

ミスとプレッシャーが原因で校正を辞めたい。

筆者自身、校正をしたことがあるのですが、ミスしやすくないですか。細かい作業が得意なら見逃すことなく校正できますが、向いてない人には圧倒的に向いてない仕事ですよね。

しかも校正は、ミスができない仕事なのでプレッシャーも大きい。納期に間に合わすために、丁寧かつスピーディに校正をこなすのは大変ですよね。

セツゴリ
プレッシャーの中、ミスが続けば校正を辞めたいと思うのは当然です。

作業が単調|シンプルに飽きやすい

単調な作業が向いてないのが原因で校正辞めたい。

校正対象の文章が変わるとはいえ、単調な作業であることは間違いありません。単調な作業+やりがいを感じづらいというのも、辞めたいと思う理由です。※友人談。

もちろん、感覚は人それぞれなので「単調・やりがいがない」など感じないと思う人もいますが、少なからず友人は感じたみたいです。

セツゴリ
とはいえ、飽き性な人が校正を辞めたいと思うのは当然でしょう。

身体の不調|目・肩・腰がバキバキになる

身体の不調の原因
  • 長時間同じ姿勢
  • 集中して小さい文字を凝視

目と肩が疲弊しすぎが原因で校正辞めたい。

数週間単位なら身体の不調を感じる人は少ないでしょうが、数ヶ月間校正をしていれば目・肩・腰がバキバキになります。

「スタンディングデスク」
「ホットアイマスク」
「マッサージ」

対策・対処法はありますが、根本原因は改善不可能。身体が痛くなるのは避けられません。

身体が強い人なら大丈夫でしょうが、毎日身体がバキバキになるのは辛いですよね。校正を辞めたいと思うのは当然です。

おすすめの転職エージェント・サイト3社
  1. リクルートエージェント公式
  2. →転職実績NO.1。安定重視の方向け

  3. リクナビNEXT公式
  4. →転職者の8割が利用。まず求人を見たい方向け

  5. マイナビ20’s公式
  6. →20代転職に特化。サブ利用推奨。

校正を辞めたい人の2つの共通点|当てはまる人は転職もあり

校正を辞めたい人の2つの共通点|当てはまる人は転職もあり

校正を辞めたい人の2つの共通点
  • 悪循環に陥っている
  • 校正に向いてない

では順に見ていきましょう。

悪循環に陥っている|挽回が難しい状態

ミス→上司に怒られる→プレッシャーが増す→さらにミスが増える+納期

悪循環に陥ってしまうと、能力がある人でもミスが増えてしまいます。原因がメンタルにある場合は、能力が発揮できないのです。

特に集中力が求められる校正は、メンタルの影響を受けやすい。

セツゴリ
メンタルが強ければ悪循環から回復する可能性もありますが、基本は難しいです。

校正に向いてない|転職がベスト

校正に向いてない人の特徴
  • 地味な作業が無理
  • コツコツ作業が無理

こういった方は校正に向いていません。向いてない仕事をしてもストレスがたまる一方なので転職がベスト。

先程のインタビューでも書きましたが、「淡々とコツコツ作業」ができる人には校正は向いています。

セツゴリ
辞めたいと思ってる時点で、校正に向いてない確率はかなり高いです。

校正を辞めたい人におすすめの転職先|校正が活かせる仕事もアリ

おすすめの転職先
  • WEBライター
  • SEOディレクター
セツゴリ
校正はしたくないが、校正の経験が活かせるおすすめの転職先です。もちろん、未経験の転職もありです。

では順に見ていきましょう。

WEBライター|文章を書くのが苦じゃない方向け

webライターの特徴
  • メリット
  • →校正の経験が活かせる
    →未経験からなりやすい
    →副業に活かせる(ライター・ブログ)

  • デメリット
  • →給料は高くない
    とはいえ副業に活かせるのでトータルでは稼げる

文書を書くのが得意!じゃなくても、興味があれば飛び込める業界です。文章を書くのが苦手じゃない限りおすすめです。

セツゴリ
とりあえず副業ライターからはじめてみるのもアリ。1回やれば向き不向きがわかります。

SEOディレクター|戦略的な思考が好きな方向け

SEOディレクターの特徴
  • メリット
  • →給料は高め
    →スキルが必要
    →未経験OKな会社アリ
    →副業ブログで稼ぎやすい

  • デメリット
  • →SEOは変化が激しいので勉強必須

個人メディアが弱くなり、企業メディアが強くなっている昨今。SEOディレクター、SEOコンサルの需要は高くなっています。

もちろん、ゼロからスキル取得は大変ですが、「稼ぎやすさ・副業のしやすさ」はかなり高いです。

セツゴリ
文の構成やKWなど、校正の経験が少し活かせるのもメリットです。WEBメディアに携わっているだけで勉強速度を加速するでしょう。

校正辞めたいと悩む人へ|まとめ

まとめ
  • 辞めたい=向いてない
  • 向いてないより向いてる仕事
  • 転職先は転職エージェントと相談

精神的に限界なら退職代行もアリ。

病むような仕事を続けていてもデメリットしかありません。

転職方法がわからない場合は転職エージェントに頼りましょう。無料なので利用して損はないです。

おすすめの転職エージェント・サイト3社
  1. リクルートエージェント公式
  2. →転職実績NO.1。安定重視の方向け

  3. リクナビNEXT公式
  4. →転職者の8割が利用。まず求人を見たい方向け

  5. マイナビ20’s公式
  6. →20代転職に特化。サブ利用推奨。

精神的に限界な人は退職代行もアリ。

「上司に会うことなく退職」
「職場とのやり取りゼロ」

たかが数万円払うだけで【退職のめんどくさいやり取りを代行】してくれるサービスです。鬱寸前や精神的に限界な方におすすめです。

関連記事:【精神的に限界な人へ】おすすめの退職代行3選【健康第一】

【精神的に限界な人へ】おすすめの退職代行3選【健康第一】