給料安いからやる気ない、という人が危険な3つの理由【搾取されてます】

給料安いからやる気ない、という人が危険な3つの理由【搾取されてます】
読者
給料安いからやる気ない。このままやと良くないのはわかるけど、どうやって給料上げたらいいのかな。

こういった疑問に、3回の転職で給料を上げた筆者がお答えします。

※ニートから公務員、フリーランスまで経験しました。

本記事の内容
  • 給料安いからやる気ない状態で働き続けるのは危険
  • 給料が安いとやる気でない人におすすめの解決策3選
  • 給料が安いとやる気ないのは当然|やりがいよりお金
セツゴリ
結論、1番ラクに給料を上げるには転職一択。

「やりたい仕事がない」
「本当に内定もらえるの?」
「転職ってどうすればいいの?」

こういった方に向いているのが、転職エージェント。無料なので、登録して損はないです。求人だけ見てみるのもあり。

転職エージェントの利用は無料です。

おすすめの転職エージェント・サイト3社
  1. リクルートエージェント公式
  2. →転職実績NO.1。安定重視・大卒向け

  3. マイナビ20’s公式
  4. →20代転職に特化。サブ利用推奨

  5. キャリアスタート公式
  6. →第二新卒、既卒、フリーター向け

転職エージェントを使うデメリットは、しいていうなら登録に2~3分ほどかかることですかね。

とはいえ、登録にかかる2~3分で内定獲得のチャンスが増えるわけですが。

給料安いからやる気ない状態で働き続けるのは危険|デメリットしかない

給料安いからやる気ない状態で働き続けるのは危険|デメリットしかない

デメリット
  • 搾取され続ける
  • →安い給料で雇われ続ける

  • 人間は環境の奴隷
  • →給料が低い環境に慣れてしまう

  • やる気がでない職場で成長しない
  • →成長しないと給料は上がらない

では順に見ていきましょう。

搾取され続ける|安い給料で雇われ続ける

搾取ポイント
  • 福利厚生が充実してない
  • ボーナスなし
  • 給料が安い

給料が安い=搾取されている。

「給料が安いからやる気ない」と思うような会社に居続ける限り、安い給料で搾取され続けるのです。

筆者自身1年以上フリーターの経験がありますが、完全に搾取されてましたね笑

正社員になっても、「ボーナスが1回しかない・休みが少ない」など、搾取されてましたね。

セツゴリ
「給料が安いからやる気ない」と思うような会社にいても搾取され続けるだけです。

人間は環境の奴隷|給料が安い環境に慣れてしまう

厳しい環境下にも緩い環境下にも、やがては慣れてしまうのだ。
引用元:人間は、どんな環境にも慣れてしまう

給料が安い環境に慣れてしまう=人間は環境の奴隷

「給料が安いからやる気ない」と思うような会社に居続けてはいけない、と頭でわかっていても行動できないのは、人間は環境の奴隷だからです。

同じ職場の人間は、自分と同じ安い給料をもらって生活してる、それがあたりまえ。という環境に慣れてしまうのです。

全然当たり前ではありません。給料が安いとやる気ない、という感情があたりまえです。

セツゴリ
給料が安いとやる気ない、という感情を忘れないことで、環境の奴隷になることを避けられます。

やる気がでない職場では成長しない|成長しないと給料は上がらない

給料安い→やる気ない→成長しない→給料は上がらない→やる気ない。

「給料安いからやる気ない」と思うような会社に居続けると、最悪の悪循環に陥ることになります。

悪循環の生活を送っていると、無気力になってしまい、悪循環から抜け出すことも難しくなります。

セツゴリ
とはいえ、行動することで現状を打破できます。むしろ行動しかありません。人は行動にすることで成長します。
おすすめの転職エージェント・サイト3社
  1. リクルートエージェント公式
  2. →転職実績NO.1。安定重視・大卒向け

  3. マイナビ20’s公式
  4. →20代転職に特化。サブ利用推奨

  5. キャリアスタート公式
  6. →第二新卒、既卒、フリーター向け

給料が安いとやる気でない人におすすめの解決策3選|給料を上げるのは簡単です

給料が安いとやる気でない人におすすめの解決策3選|給料を上げるのは簡単です

解決策3選
  • 転職して給料UP
  • プログラミングして給料UP
  • 副業をして収入の柱を増やす

では順に見ていきましょう。

転職して給料UP|給料は会社で決まる

日本人の平均給与503万円、月収で約33万円となります。
引用元:手取り「393万円」…日本の正社員「平均給与」の暮らしぶり

日本の平均給料より現在の給料が安いのであれば、転職活動をはじめるのもアリ。

給料は会社と業種で決まります。

元々の給料が低い会社・安い業界でいくら努力しても、いくら良い成績を残しても、給料は安いままです。とはいえ、読者であるあなたの職歴や学歴は一人ずつので、本記事内で具体的なおすすめ職業はすすめられません。

無料で利用できる転職のプロ、転職エージェントに頼りましょう。

あなたに合った求人をいくつも紹介しているので、給料の高い求人を選べばOKです。

おすすめの転職エージェント・サイト3社
  1. リクルートエージェント公式
  2. →転職実績NO.1。安定重視・大卒向け

  3. マイナビ20’s公式
  4. →20代転職に特化。サブ利用推奨

  5. キャリアスタート公式
  6. →第二新卒、既卒、フリーター向け

プログラミングで給料UP|人生逆転

プログラミングのメリット
  • 学歴関係なし
  • →人生逆転

  • 無料で勉強可能
  • →転職サポートがある有料スクールもあり

  • 人手不足で高単価な業界
  •  
    →チャンスあり

プログラミングのデメリット
  • 勉強をしなければならない
  • 向き不向きがある

老後まで職に困ることはないスキルが、プログラミングです。

深刻な人手不足が続くことが予想されていることがデータにも表れています。

将来的にIT業界で働く人材は増えるのかというと、そうではありません。2019年をピークにさらなる人材不足に陥るとされています。
平成28年に経済産業省が発表した「IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果」によると、2030年には約79万人のIT人材が不足するというデータが出ています。
引用元:2030年は79万人の人材不足?深刻なIT業界離れと企業の取り組みを解説

また、会社員で2~3年経験積んでから、フリーランスに転職して稼ぐ人が多いのも現状です。

IT業界で人材不足が深刻化している近年、日本でも年収1000万円以上の給与を支給する企業が現れています。高年収を狙うなら、会社員として働くよりも、フリーランスのプログラマーになった方が可能性はあるかもしれません。
引用元:プログラマーやシステムエンジニアなどITエンジニアの年収・給料の実態は?

おすすめのプログラミングスクール3選

おすすめのプログラミングスクール3選
セツゴリ
もちろん、向き不向きはありますが、チャレンジしてみる価値はあります。

副業をして収入の柱を増やす|ブログ・youtube

副業youtubeについて
  • 初期費用がほぼ不要
  • →スマホで撮影・パソコンで編集

  • 運が良ければ稼げる
  • →当たればラッキー

  • 目立ちたい人に向いている
  • →顔出ししない方法もある

※デメリット、収益化が1000人登録者・4000再生時間必要。
副業ブログについて
  • 年間約1万円の維持費
  • →スモールビジネスなので稼ぎやすい

  • youtubeより稼げるのは早い
  • →運より実力で稼げる

  • 実力で稼ぎたい人向き
  • →勉強必須

※デメリット、パソコンが必要。

共通して言えることは、「収益化まで時間がかかる」ということです。

具体的には半年から1年くらいの時間はかかるといっても良いでしょう。

筆者自身、両方挑戦しましたが、ブログの方が得意でした。結果、月6桁の収益を得ることができています。※放置していたyoutubeが伸びていたので、再チャレンジ予定。

筆者の経験から、「副業youtubeに挑戦、動画が向いてないならブログに挑戦。」の流れがおすすめ。

セツゴリ
軽く100回は挫折しますが、一発逆転の可能性もあるのでチャレンジする価値はあります。

給料が安いとやる気ないのは当然な理由|やりがいよりお金

給料が安いとやる気ないのは当然な理由|やりがいよりお金

キレイごと
  • 会社のために働く
  • やりがいが第一

「給料安いけど会社の業績を伸ばすために頑張れますか?」
「給料安いけどやりがいのために働けますか?」

絶対に無理ですよね。いくら尊敬する経営者のもとで働いているとしても「給料が安い」というだけでNGです。

やりがいに関しては、完全にやりがい搾取です。経営者の思うつぼ。キレイごとです。

アンケートの対象となったのは20~30代の働く男女1000人。はたらく理由ランキングのトップ3は、1位「お金のため:生きていくため」(56.3%)、2位「お金のため:趣味や嗜好品を豊かにしたい」(19.4%)、3位「お金のため:家族を支えるため」(8.1%)と、「お金のため」に準じた項目が独占しました。
引用元:「はたらく理由」ランキング発表 8割以上が「お金のため」と回答、「やりがい」はわずか3.5%

セツゴリ
じゃあ何のために働くのか、「お金」でしょう。

家族を養うため。自分が生きていくため。趣味にお金を使うため。

理由は様々ですが、お金のために働くのは当然のことです。

※ちなみにキレイごとがまかり通るのは日本だけです。海外はお金ベースです。給料ベースで転職します。

セツゴリ
給料安いからやる気ない、という感情は当然なのです。むしろ正しい感覚。キレイごとなんて無視しましょう。

転職エージェントの利用は無料です。

おすすめの転職エージェント・サイト3社
  1. リクルートエージェント公式
  2. →転職実績NO.1。安定重視・大卒向け

  3. マイナビ20’s公式
  4. →20代転職に特化。サブ利用推奨

  5. キャリアスタート公式
  6. →第二新卒、既卒、フリーター向け

給料安いからやる気ない人は軸ずらし転職|転職の方向性に迷ってる方へ

給料安いからやる気ない人は軸ずらし転職|転職の方向性に迷ってる方へ

転職の方向性に迷ってる方は「軸ずらし転職」がおすすめです。

軸ずらし転職の発案者motoさん
    軸ずらし転職により、年収240万円のホームセンターから、4度の転職を経て、ベンチャー企業の管理職年収1,000万円超に給料UP。※ブログ副業では年収4,000万円
年収240万から転職により人生逆転した方です。しかも副業でも爆裂稼いでるモンスター。

モンスターmotoさんがおこなっているのが軸ずらし転職。では、軸ずらし転職とはどういったものか。

年収水準の高い業界や職種に「ずらして」転職していくというものです。僕は年収というものが「業界×職種」で決まると考えています。そのため、このどちらかを(業界や業種の)隣接している分野にずらして転職していくのです。

例えば、小売り業界は一般的に年収があまり高くないとされています。しかし、接点のある業界には、商品を仕入れる先の商社やメーカーなどがあります。これらの業界は小売りに比べると年収が高いですよね。メーカー側が求めている能力を調べて、小売でその能力を伸ばすことで、こうした隣接業界に転職していくのです。
引用元:短大卒から年収1250万円、“転職の達人”motoさんが実践する「軸ずらし転職」とは

転職について勉強したい方はmotoさん著書の「転職と副業の掛け算」がおすすめです。半額くらいで買えます。


給料が安いからやる気ないまとめ

まとめ
  • 搾取され続けることはない
  • 行動の1歩目を踏み出せば変わる
  • 転職・スキルアップ・副業で給料UP

転職エージェントの利用は無料です。

おすすめの転職エージェント・サイト3社
  1. リクルートエージェント公式
  2. →転職実績NO.1。安定重視・大卒向け

  3. マイナビ20’s公式
  4. →20代転職に特化。サブ利用推奨

  5. キャリアスタート公式
  6. →第二新卒、既卒、フリーター向け