【EZバーレビュー】腕を太くしたい方必見!鍛え方まで徹底解説

【EZバーレビュー】腕を太くしたい方必見!鍛え方まで徹底解説
筋トレ初心者

EZバーのメリットは?
EZバーオススメの使用方法は?

こういったお悩みにお答えします。
どうも、節約ゴリラです。

みなさんの知りたい結論いきます!!!

結論

・腕を効率的に鍛えることができる
・手首・肘への負担が減る

筋トレ初心者

セツゴリはなんでEZバー買ったん???

腕をとにかく太くしたかった!
あとは安かった(笑)

腕を太くしたいホームトレーニーにはマジでオススメ!

↓4950円!メーカーによっては3980円で売ってます。

そんなコスパ抜群のEZバーをレビューしていきます。

✔筆者の信頼性

・筋トレ歴3年
・EZバー使用歴3年
・2019年ベストボディジャパン出場

EZバーのメリット

EZバーのメリット
✔EZバーのメリット

・腕を効率的に鍛えることができる
・手首・肘への負担が減る

では、順にみていきましょう。

腕を効率的に鍛えることができる

EZバーは腕トレに最適です

そう言われるのには訳は、、、
一般的なストレートバー比べ、EZバーは独特な形をしています。
その独特な形は、腕の筋肉をより【収縮・伸展】させるのに適しているのです。

ようするに腕の筋肉(二頭筋・三頭筋)に強い刺激を与えやすいのがEZバーなのです。

手首・肘への負担が減る

先ほども説明したとおり、EZバーは独特な形をしています。
その独特な形のおかげで、手首・肘が自然な角度のままトレーニングできるのです。

自然な角度でトレーニングができると、手首・肘への負担が減るのです。

手首・肘は上半身を鍛えるときに必ず使う関節です。
その手首・肘を痛めてしまうと上半身全てのトレーニングに影響がでてしまいます。
(実体験)

EZバーのデメリット

EZバーのデメリット
✔EZバーのデメリット

・高重量が扱いづらい

ストレートバーに比べてEZバーでは高重量が扱いづらいです。
独特な形がゆえに高重量に耐えられないのです。

ここで質問です。

腕のトレーニングで100kg以上扱うことがありますか?

答えはNOですよね。
腕のトレーニングに特化しているEZバーでは、そもそも高重量を扱いません。

EZバーで高重量を扱えないことは、デメリットではないのです。

EZバーにデメリットは実質ないです。

EZバーオススメ二頭筋種目

✔EZバーオススメ二頭筋種目

・EZバーカール
・EZバーカール・クローズグリップ
・リバースカール

二頭筋の種目
・3~4セット
・10~20回
回数とセット数は日によって変えることで刺激も変わります。

では、順にみていきましょう。

EZバーカール

1番基本であるEZバーカール。
二頭筋をまんべんなく鍛えることができます。

動画の通りEZバーの外側を持ちましょう。

✔ポイント

・少し前傾姿勢(猫背意識)
※前傾姿勢だと二頭筋のみで挙上しやすい。

・肘は完全に伸ばしきらない
※負荷を逃がさないため。


EZバーカール・クローズグリップ

二頭筋の内側を鍛えるEZバーカール・クローズグリップ。
動画の通りEZバーの内側を持ちましょう。

✔ポイント

・脇をしっかり閉める。
※より二頭筋の内側に刺激を与えるため。

・小指・薬指で握るイメージ
※二頭筋の内側を意識しやすくするため

・挙上しきったところで止める。
※二頭筋の内側が収縮しているの確認するため


リバースカール

リバースカールは上腕筋、 腕橈骨筋を鍛える種目です。
ようするに前腕が太くなり、腕に厚みがでます。

持つ位置は外側、内側どちらでもOK。

✔ポイント

・バー自体を強めに握る
(上腕筋に刺激が入りやすいように)

・肘を少し開く。
(上腕筋、 腕橈骨筋の収縮が強くなる)

EZバーオススメ三頭筋種目

✔EZバーオススメ三頭筋種目

・ライイングエクステンション

三頭筋の種目は少し重めが筋肥大しやすいです。
・3~4セット
・7~12回
回数とセット数は日によって変えることで刺激も変わります。

ライイングエクステンションでは三頭筋の中でも長頭を鍛えることができます。
(二の腕の部分)

「三頭筋はこれだけやってればOK」
というくらい重要な種目です。

【理由】
・長頭は他の種目では鍛えづらい

✔ポイント

・頭頂部までおろすイメージ
(長頭によりストレッチをかける)

・おろしたところで止める
(ストレッチを意識する)

・おろしすぎない
(関節痛める原因になる)

EZバー比較

✔種類別

・重りなし【直径50mm】
・重りなし【直径28mm】
・重り付き

では、順にみていきましょう。

重りなし【直径50mm】

ジムでよく見かけるのがこのサイズです。

直径が太いため1万円以上します。
ホームトレーニーは次の28mmがほとんどです。

重りなし【直径28mm】

ホームトレーニーに1番多い直径28mmです。

私は、メーカーの知名度が高い4950円のIROTECを買いました。

メーカーにこだわりがなければ3980円でも買うことができます。

重り付き

家に重りがない方向け。
筋トレ初心者はEZバーではなくダンベルから購入することをオススメします。
(全身鍛えやすいため)

✔EZバーを買うときの注意点

・バーの太さ
・重りが別で必要

EZバーまとめ

まとめ
EZバーがオススメな方

・腕を太くしたい方
・ホームトレーニーの方
・手首・肘を痛めやすい方
・違う刺激を求めている方

上記の1つでも当てはまれば買って損はしませんね。

Twitterにて、信頼性のため身体晒してます。
是非チェックしてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です